沈丁花とは?特徴や歴史、開花時期、花言葉など徹底紹介

ジンチョウゲ

沈丁花という花をご存知でしょうか。

沈丁花は、室町時代の中期以前に中国から伝わったと言われています。

今回の記事では、そんな沈丁花についてわかりやすく紹介します。

沈丁花(ジンチョウゲ)とは?

ジンチョウゲ

沈丁花とは、室町時代の中期以前に中国から伝わったと言われています。

沈丁花の香りは香木の沈香に似ており、花は美しい丁字に似ると言われていた。

沈丁花はどうやって日本で増えたの?

沈丁花は、雌雄異株(しゆういしゅ)です。雌株には雌株の花が咲き、雄株には雄株の花が咲くのですが、両方揃ってタネができます。

日本に伝わった時には、雄株だけが伝わりました。

この為、日本の沈丁花にはタネができず、ひたすら挿し木によって増やされてきました。

沈丁花の特徴は?

沈丁花の香りは気温が低い朝夕に強く、乾燥している時より、湿気の多い時に強く香る性格を持っています。

そして、木の全体に毒があります。もし食べてしまうとお腹を壊したり、もっとひどいことが起きるかもしれないので絶対に気をつけましょう。

沈丁花の花言葉は?

信頼や青春の喜び、栄光、不滅などがあります。

沈丁花の開花時期

開花時期は、2月~3月になります。花の持ちが良いので、20日ほど開花時期を楽しめます。

沈丁花の寿命とは?

沈丁花は10年〜30年ほどです。長い間元気に育っていたのに、急に枯れてしまうこともあります。

沈丁花の豆知識

乾き過ぎないように注意しながら、半日陰で管理すると20日ほどで根が出ます。

チンチョウゲと呼ばれており、別名は輪丁花といいます。