気持ちが穏やかになる!春夏秋冬を代表する緑の花まとめ

緑の花

葉の緑だけでなく、花も緑色のものがあるのをご存知でしょうか。カラフルな花にはない、シックで落ち着いた雰囲気です。

野山にある花だけでなく、ガーデンでも寄せ植えでも使えるお花がたくさんあります。今回は特に厳選した、おすすめの緑の花をご紹介します。

1.春に鑑賞できるおすすめしたい緑の花

春に見たい緑の花①「貝母(ばいも)」

緑の花

ユリ科の植物で、秋植えの球根です。春には、開花した姿のポット苗で出回ります。釣鐘のような、薄い緑色の花は可憐で、春の訪れをそっと知らせてくれる姿をしています。

薬用としても使用でき、咳止めなどに利用されることもあります。花言葉は、見た目にふさわしく「謙虚な心」です。

春に見たい緑の花②「ラナンキュラス」

花色の豊富な、ラナンキュラスですが、黄緑色の種類もあります。半耐寒性の球根で、球根からも育てることは可能です。

球根の吸水条件や地温管理が難しいので、初心者には不向きです。ポット苗や切り花などで購入することをおすすめします。

緑色の花言葉は見当たりませんでしたが、結婚式のブーケにも使用されることもある花です。豪華な花びらですので、寄せ植えでも主役に向く花です。

何を組み合わせるか楽しみになりますね。

春に見たい緑の花③「ペチュニア」

1年草または2年草のガーデンや寄せ植えなどに大活躍する花です。春から夏に旺盛に咲き、切り戻すと広がります。

栄養系の広がる種類であれば、ひとつの苗でもこんもりそだてることができます。色のパターンも多いですが、黄緑色のペチュニアはおしゃれな雰囲気が抜群です。

また、八重花びらに緑と黒の混じった模様の品種も大変人気で、その花ひとつで鉢いっぱいに咲かせて楽しむのもおすすめです。

ペチュニア全般の花言葉は「心のやすらぎ」です。

2.夏に鑑賞できるおすすめしたい緑の花

夏に見たい緑の花①「ノリウツギライムライト」

緑の花

アジサイの仲間ですが、7月以降に咲きます。

暑い夏の日に、さわやかなライムライトの色がガーデンに癒しを与えてくれます。花数が減る時期に咲き始めますので、ガーデンで、何を植えるか迷っている方には、大変おすすめです

剪定、樹高の調整も簡単で、寒さにも強いので、初心者のかたにも安心して育てられます。花は、ドライフラワーにして冬の室内での飾りすると、冬にもおしゃれに楽しむことができます。

ノリウツギの花言葉は「移り気な方・しとやかな恋人」などです。

夏に見たい緑の花②「アカンサスモーリス」

緑の花

おしゃれなガーデンの定番のこの薄い黄緑色の花は、アザミの仲間の宿根草です。耐寒性も強く、日本のどの地域でも、育てることは可能です。

ただし、草丈が大きくなると1.5mぐらいになり、存在感が抜群です。葉も広がるので、広めのお庭向きです。

花言葉は「芸術」です。

3.秋に鑑賞できるおすすめしたい緑の花

秋に見たい緑の花①「ポットマム」

矮性の品種に改良された、多年草の菊です。コンパクトにまとまり、剪定や育て方も簡単で年齢問わず人気です。

他の赤・ピンク・白なども人気ですが、黄緑色の花は、秋の紅葉とのコントラストの違いをたのしむことができます。

花言葉は「清らかな愛」などです。

秋に見たい緑の花②「大文字草」

山野草の中でも人気が高い多年草です。花の「大」の姿が凛としています。野山の湿った場所や、渓谷の岩場などに自生しており、花姿の地域差を楽しむことができます。

庭植えだけでなく、鉢・盆栽・タラリウムでも楽しむ事ができます。苔や石などと相性が良いので、アレンジするのが楽しくなります。

花言葉は「情熱・自由」などです。

4.冬に鑑賞できるおすすめしたい緑の花

冬に見たい緑の花①「クリスマスローズ」

緑の花

こちらの花も少し緑色になっているのがわかるでしょうか。冬の寂しい時期にきれいに咲いてくれるクリスマスローズは、花色や種類が豊富です。耐寒性の多年草で、小さい苗から大きい苗まで流通しています。

花びらがシングル・ダブルのもの、柄の異なったものがあります。品種改良が盛んで、種類がたくさんあります。

自分のお気に入りの、色や形を見つける楽しみもあります。花言葉は「追憶・私を忘れないで」などです。

冬に見たい緑の花②「シンビシウム」

緑の花

蘭の仲間のシンビジウムは、冬の室内できれいな花を咲かせてくれます。耐寒性はないので、屋外での越冬は避けてください。

花色展開も豊富にありますが、メロンのような色の種類も人気が高いです。花言葉は「飾らない心・高貴な美人」などです。

最後に

通年通して、多種類の緑の花がありますが、どれも育つ環境によって多少の差はあります。条件が整っての、美しい開花となるので、生育環境を整えるのが肝心です。

カラフルなお花ばかり目立ちますが、緑色の落ち着いた色は癒されること間違いないです。もし、まだ緑のお花デビューしていなければ、季節に合ったお花からトライしてみてはいかがでしょうか。