ナスタチウム(金蓮花)の特徴や花言葉、歴史をかんたん紹介

ナスタチウム

ナスタチウム(金蓮花)という花をご存知でしょうか。

ナスタチウムはペルーやコロンビア、ブラジルなどのアンデス山系が原産の一年草です。

一年草とは、春にまいた種が芽を出し、そして花が咲いて、秋〜冬に枯れるまでの期間が一年以内である植物のことです。

今回の記事では、そんなナスタチウムについて紹介しています。

ナスタチウム(金蓮花)の特徴や花言葉、歴史をかんたん紹介

ナスタチウム 

ナスタチウムの特徴とは?

ナスタチウムはラテン語の鼻(nasus)とねじる(tortus)が語源です。

ナスタチウムは先ほども説明しましたが一年で種が芽を出し、そして花が咲き、枯れる一年草です。

5℃ほどの寒さ、30℃までの暑さに耐える性質があり、真夏の時期だけ涼しい半日陰で管理すると、4月〜10月まで、ほぼ7ヶ月に渡って赤やオレンジ、黄色の花を次々と咲かせます。

ナスタチウムの本葉が4枚になった頃、頂点の芽を手で摘み取ると、葉の脇から多くの新芽が出ます。頂点の目を積むことを「摘芯」と言います。

こうすると枝が増えて花付きがよくなり、ボリューム感たっぷりの鉢ができあがります。

ナスタチウムの育て方は?

ナスタチウムは種からでも、挿し芽によっても簡単に育てることができます。

種から育てようと考えた場合

まず赤玉土に砂を入れて水はけをよくし、そして、指先で1センチほどの穴をあけます。

そこに一晩水に浸した種を入れ、土をかければ問題ありません。

10℃以上の温度があれば、1週間程度で発芽することでしょう。

挿し芽の場合

茎を5センチぐらい切りましょう。

そして、挿していただければ、約10日で根が出てきます。

ナスタチウムの花言葉

ナスタチウムの花言葉は「困難に打ち克つ」です。

花言葉の由来は、赤い花が血に染まった鎧のようなので、敵に立ち向かう姿を表しています。

ナスタチウムの豆知識

ナスタチウムの花や葉は見て楽しむだけでなく辛味があり、サラダの飾りや薬味に利用されることもあります。

ナスタチウムは、水はけのよい「痩せ地」が適している。特にチッソ肥料を多く与えると、葉が茂り過ぎて花が咲かないことがあります。

真夏を除いて日のあたりいいところで管理するのがおすすめです。水は表面が乾いたときに、たっぷり与えましょう。

水や肥料を与え過ぎて株が成長し過ぎてしまった場合、思い切って三分の1くらい切り戻すと新芽が出てきます。