季節ごとで楽しめる!おすすめしたい「紫の花」特集

紫の花

美しく可憐な花は私たちの目を楽しませ、気持ちを柔らかにしてくれます。

品種改良のおかげで年々新しい色や咲き方の花が登場していますが、今回は公園やフラワーショップ、そして庭でよく見られる紫の花を集めてみました。

季節ごとで楽しめる!おすすめしたい「紫の花」特集

「春」に咲く紫の花

スミレ

スミレは花の形が、大工道具の「墨入れ(すみいれ)」に似ていることから付けられた名前です。

国内外合わせて品種は数百種類にものぼると言われています。色は紫が代表的なものですが、白や黄色のものも見受けられます。

スミレ全体としての花言葉は「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」ですが、紫のスミレは「貞節」「誠実」「愛」になります。

チューリップ

代表的な春の花であるチューリップの語源は、形が似ていることからペルシャ古語の「頭巾」だそうです。

17世紀と18世紀にはオランダでチューリップの球根が投機の対象となり、チューリップバブルが起こったことは有名です。

品種は数百種類に及ぶ世界的にもポピュラーな花で、イラン、アフガニスタン、オランダ、トルコ、ハンガリーでは国花になっています。また、日本では新潟県と富山県の県花になっています。

チューリップ全体の花言葉は「博愛」「思いやり」「名声」「恋の宣言」ですが、紫のものは「不滅の愛」です。

ムスカリ

鮮やかな青紫色で他の花を引き立てる名脇役のムスカリは、ユリ科の仲間です。香りが良いことからムスク(麝香)を語源にしています。

ムスカリの花言葉は「失望」「失意」「絶望」という悲観的なものと「明るい未来」という全く逆の意味のものがあります。

前者は西洋で青系統の色にネガティブなイメージがあるからです。後者は強い繁殖力から来ているものです。

また、ムスカリには「通じ合う心」「寛大な愛」という花言葉もあり、これは他の花と上手に組み合わさることから来ていると思われます。

「夏」に咲く紫の花

アジサイ

アジサイの語源は「あづさい」と言われています。「あづ」は「集まる」で、「さい」は「真藍(さあい)」ですから、青い花が集まった花ということになります。

土が酸性かアルカリ性かによって花の色が変わると言われていますが、紫、青、白、ピンクなどの色があります。

花言葉は「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」などです。

ラベンダー

「香りの女王」と言われるシソ科のラベンダーは、日本でもよく知られるようになったハーブです。ラベンダーの香りには殺菌、消炎、鎮静などの効果があります。

ポルトガルの国家にもなっていますが、日本では北海道富良野のラベンダー畑が有名な他、群生させて夏の風物詩にしているところが増えています。

花言葉は「繊細」「清潔」「優美」「許しあう愛」「沈黙」、そしてややネガティブですが「疑い」「不信」というのもあります。

アサガオ

家庭でも手軽に育てられる花として人気のアサガオは、日本には薬草として奈良時代に入ってきた植物です。

江戸時代になると鑑賞用として人気になり、今でも朝顔市などが立つ町があります。

花言葉は「はかない恋」「固い絆」「愛情」です。

「秋」に咲く紫の花

ハギ

ハギは秋の七草の1つで、宮城県の花にもなっています。漢字では「萩」で草冠に秋、まさに日本の秋を象徴する花です。

花言葉は奥ゆかしいイメージから「思案」「思い」「内気」と、しなやかな枝から「柔軟な精神」があります。

リンドウ

白やピンクの品種もありますが、リンドウはやはり紫のイメージの花です。長野県と熊本県の県花になっています。

花は日を浴びると開き、夜や雨、曇りの日は閉じています。食欲不振や消化不良に効く成分があり「竜胆(りゅうたん)」という生薬になります。

花言葉は「あなたの悲しみに寄りそう」「誠実」「正義」「悲しんでいるときのあなたが好き」「貞節」「淋しい愛情」です。

最後に

以上、ポピュラーな紫の花を集めてみました。青系の色であることから、花言葉の中にはややマイナスのイメージのものがありますが、紫色の花は気持ちを落ち着かせてくれます。

また、ひと口に紫といっても色々な種類の紫がありますので、比較しながら花を鑑賞するのも楽しいでしょう。