贈る前に知っておこう!花言葉に怖い意味を持つ花まとめ

怖い花言葉

美しく咲き誇る花々。うっとり眺めるのもよし、きれいな花束をプレゼントするのもよし。でも、ちょっと待ってください。それぞれのお花は花言葉を持っています。

怖い花言葉を持つお花をプレゼントして誤解を招くなんて嫌ですよね。今回の記事では、怖い花言葉を持つお花を集めてみました。

1.怖い花言葉を知る前に、そもそも花言葉とは?

花言葉とは、シンボリックな意味を持たせるために、植物に与えられる言葉のことです。

19世紀のフランスの貴族社会で流行して、それをもとにそれぞれの国などで使われ、作られています。

同じ花でもいくつかの花言葉があり、全く反対の意味の花言葉を持つものもあります。

2.怖い花言葉まとめ!同じ花でも色によって異なる

怖い花言葉①「バラ」

花の女王と言われているバラには、棘もあり意味深ですね。

黄色:嫉妬、愛情の薄らぎ

黒赤色:憎悪、恨み

怖い花言葉②「ユリ」

ユリには、さまざまな種類、色があります。

クロユリ:呪い、復讐

オニユリ:嫌悪

オレンジ色:憎悪

黄色:偽り

怖い花言葉③「カーネーション」

母の日のプレゼントに欠かせないカーネーションには、こんな花言葉もあります。

黄色:軽蔑、嫉妬

複色(いろんな色が混ざっている):愛の拒絶、あなたの奴隷になります。

怖い花言葉④「ヒヤシンス」

早春に咲くいい香りのヒヤシンスですが…

赤色:嫉妬

紫色:悲しみ

怖い花言葉⑤「スイセン」

日本水仙:偽りの愛

白色:神秘

3.身近にある有名な花といえば!怖い花言葉

身近な怖い花言葉①「しだれ桜」

春を彩る妖艶なしだれ桜には、「ごまかし」という花言葉がありますが、「優美」というのもあります。

身近な怖い花言葉②「クロッカス」

「私を裏切らないで!」

身近な怖い花言葉③「ダリア」

「移り気、裏切り、不安定」

身近な怖い花言葉④「アネモネ」

あんなにきれいなアネモネですが…

「恋の苦しみ、はかない恋、見放された恋、薄れゆく希望」

身近な怖い花言葉⑤「福寿草」

雪を押し分けて咲く早春の花、福寿草ですが…

「悲しい思い出、回想」

4.ズバリ怖い、花言葉

ズバリ怖い花言葉①「朝顔」

「あなたに私は絡みつく」って、ツル性ですからね。

ズバリ怖い花言葉②「紫陽花(あじさい)」

「冷酷、浮気、移り気」は、紫陽花の色の変化からでしょうか?雨に濡れる紫陽花はとってもきれいですが。

ズバリ怖い花言葉③「アザミ」

「触れないで。報復」って、あの痛い棘のイメージからですよね、きっと。

ズバリ怖い花言葉④「トリカブト」

猛毒のトリカブトには、「復讐、敵意、あなたは私に死を与えた」という花言葉がぴったりです。

ズバリ怖い花言葉⑤「ブドウ」

ブドウの花の花言葉の「酔い、狂気」は、もちろんワインのイメージからでしょう。

ズバリ怖い花言葉⑥「ムシトリナデシコ」

とってもかわいい花ですが、葉の下から出る粘液で虫をからめとるムシトリナデシコは、「罠、しつこい、未練」です。

5.意外で怖い、花言葉

意外で怖い花言葉①「ヤドリギ」

「ヤドリギの下でキスをした二人は幸せになれる」って、幸せな結婚のジンクスを聞いたことないですか?だから、ヤドリギの花言葉って、ハッピーなものって思うでしょ?

ところが!なんと、「征服」なんですって!なんか意外でしょ?!

意外で怖い花言葉②「クローバー」

クローバーも、幸せなイメージありますよね。たしかに、「私を思って!」「幸運」「約束」という明るいイメージの花言葉もあるんですが、なんと「復讐」という花言葉も持っていますよ。

6.ゾッとするぐらい怖い、花言葉

ゾッとするぐらい怖い花言葉①「スノードロップ」

スノードロップのお花、ご存知ですか?下向きに咲く、可憐なお花です。スノードロップの花束の花言葉は、「あなたの死を望みます」ですって!キャー!怖い~っ!

ゾッとするぐらい怖い花言葉②「リンドウ(竜胆)」

野山に咲いている紫色のリンドウは、凛とした美しさの花ですが、その花言葉は、「悲しんでいるあなたが好き」(!?)どうです?なんか陰湿ですよね。

でも、「あなたの悲しみに寄り添います」という真逆の花言葉も持っています。

ゾッとするぐらい怖い花言葉③「ゼラニウム(白)」

庭や窓辺でよく見かけるゼラニウムですが、白いゼラニウムの花言葉は、「私はあなたの愛を信じない」です。ふーむ。なんか、すごい!

最後に

いかがでしたでしょうか。

怖い花言葉を持つお花を集めてみました。お花にはなんの罪もないのに、こんな花言葉をつけられて、ちょっとかわいそうな気もします。

それにしても、人間の想像力はすごいですね。