冬の花といえば、どんな花が思い浮かぶ?寒い時期に彩りを

冬のはな

花が少なくなってしまう冬ですが、寒さの中に咲いている花もあります。

モノトーンな景色に色を添えたり、春の訪れが近いことを感じさせてくれたり…冬に咲いている花を見ると気持ちが温かくなります。

今回は冬の代表的な花々と、それらを見られる場所をご紹介します。

1.冬の花といえば、どんな花が思い浮かぶ?

冬の花といえば①「ウメ(梅)」

梅の花

花だけでなく、枝ぶりも風流な梅は、詩歌に詠まれたり、画の題材になったり、染色に使われたり、はたまた家紋になったり、食材になったり…と、日本の文化に深く根づいた花と言えるでしょう。

梅の種類は500以上あると言われています。関東近郊では2月頃に開花し、冬の終わりが近いことを知らせてくれます。

梅が見られるおすすめ場所

新宿御苑(新宿区) 300本

湯島天満宮(湯島天神)(文京区) 300本

隅田公園(梅めぐり散歩道)(台東区) 150本

亀戸天神社(江東区) 300本

池上梅園(大田区) 370本

羽根木公園(世田谷区) 650本

高尾梅郷(東京都八王子市) 10000本

郷土の森博物館(東京都府中市) 1100本

熱海梅林(静岡県熱海市) 470本

曽我梅林(神奈川県小田原市) 35000本

冬の花といえば②「ツバキ(椿)」

冬の花といえば

関東以西では11月から4月にかけて花が咲く椿は、冬の花として古くから親しまれている花です。特にお茶席で使われることが多く、花だけでなく艶やかな葉も観賞の対象になっています。

種から採れる椿油は整髪剤や食用として用いられています。品種改良が容易で、ツバキ科にはたくさんの種類があります。

椿が見られるおすすめ場所

氷室椿庭園(神奈川県茅ヶ崎市)

大原椿公園(千葉県いすみ市)

江ノ島サムエル・コッキング苑(神奈川県藤沢市)

小石川植物園(東京都調布市)

神代植物公園(東京都調布市)

薬師池(東京都町田市)

冬の花といえば③「スイセン(水仙)」

冬の花といえば

耐寒性があり、冬から春にかけて花を咲かせる水仙は、平安時代に日本にもたらされたと言われています。

野生の水仙の群生は海岸で見られることが多いのですが、公園や個人の庭などにも園芸用のものが植えられ、冬の花壇を彩っています。水仙の仲間は1000種以上もあるそうです。

水仙が見られるおすすめ場所

新宿御苑(新宿区)

昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)

京王百草園(東京都日野市)

葛西臨海公園(江戸川区)

権現堂堤(幸手市)

吾妻山(神奈川)

冬の花といえば④「ロウバイ(蝋梅)」

冬の花といえば

中国が原産のロウバイは、梅の花に似ていて、花弁に蝋のような艶があることから名づけられました。

早咲きの品種は12月頃、遅咲きでも2月頃に香りの高い黄色い花を咲かせ、春の訪れを告げる花として近年人気が高まっています。

ロウバイは17世紀頃日本に渡来したと言われています。

ロウバイが見られるおすすめ場所

昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)

宝登山(埼玉県長瀞町)

ろうばいの郷(群馬県安中市)

上永野ろう梅の里(栃木県鹿沼市)

冬の花といえば⑤「冬桜」

冬の花といえば

多くの品種がある桜の中には、十月桜、寒桜など、寒い時期に開花する冬桜と呼ばれるものがあります。

冬桜はたいてい花が白くて小さく、ソメイヨシノのような華やかさはありませんが、関東地方以西では11月から12月にかけて花が咲くので、紅葉とのコラボを楽しむことができます。

冬桜が見られるおすすめ場所

県立相模原公園(神奈川県相模原市)

桜山公園(群馬県藤岡市)

最後に

その他にも、淡いピンクのグラデーションが可憐なボケ、新春を祝うという意味をもつフクジュソウ、クリスマスの時期を彩るポインセチア、園芸花として人気のビオラやパンジー、クリスマスの時期に咲くことから名づけられたクリスマスローズ、南国の雰囲気をもつキダチアロエなども冬に開花が見られる花々です。

このように、見回してみれば寒い季節に咲いている花もたくさんあります。寒いからと家にこもっていないで、冬の花を探しに出かけてみませんか。