春の季節に見たい!ツツジの特徴や花言葉、開花時期を紹介

ツツジ

日本列島の北から南まで咲き誇るツツジ。

花の本には、「日本はツツジの王国」と表現されることがあります。

今回の記事では、そんなツツジの花の特徴や花言葉、開花時期などについて紹介しています。

春の季節に見たい!ツツジの特徴や花言葉、開花時期を紹介

ツツジの花

日本に咲くツツジの歴史は?

先ほども紹介しましたが、「日本はツツジの王国」と表現されたこともあるほど、ツツジは日本と繋がりが深い花です。

春が訪れると北は北海道から南は沖縄まで、野生のツツジが約40種類も咲きます。

3月にはミツバツツジが赤紫の花を咲かせて、4月にはアカヤシオ、レンゲツツジが山を綺麗に染め、黄色いヒカゲツツジの花が咲きます。

5月になればヤマツツジが咲き、6月にはサツキツツジが美しく咲きます。そして、こうした野生種と同時に園芸種が色とりどりに咲きます。

なかでも本州のモチツツジ、沖縄のケラマツツジなどが自然交配したヒラドツツジは、花の直径が8センチもの大輪になり、豪華な雰囲気を感じます。

サツキツツジの園芸種は、刈り込みに強く、常緑で栽培も優しいことから高い人気を集めました。

ツツジの特徴は?

ツツジの特徴は、サクラのように花弁(はなびら)がバラバラにならず、花弁の先が五つに分かれ、5本または10本のおしべを持っています。

シャクナゲやアザレアもツツジの仲間であり、咲き誇る花を見ているとその素晴らしさを感じれるだろう。

ツツジの開花時期、季節は?

ツツジは、開花時期は4月〜5月中旬ごろになります。

暑さにも寒さにも強いツツジは春の季節に開花します。

ツツジの花言葉は?

ツツジの花言葉は「自制心」です。

赤色のツツジは「恋の喜び」、白のツツジは「初恋」です。

ツツジに関する豆知識

ツツジとサツキの違いは?

ツツジはツツジ属の総称で、1000近い種を含む大きな属です。サツキはツツジ属の1種で、正確にはサツキツツジと言います。

ツツジの和名は?

ツツジの和名は「躑躅(サツキツツジ)」は足がもつれるという意味です。羊がレンゲツツジを食べて、アセビのような毒を含んでいるのだが、足をとられたことを指しています。