アメリカの有名な食べ物や料理といえば?絶品のおすすめを厳選紹介

アメリカの食べ物といえば、ファーストフード、ジャンクフード、プロセスフードなど、脂っこいもの、工業生産に適した言葉で表現されるものがよく知られています。

しかし、アメリカ人は良いものに対しても素晴らしい食欲を持っており、おいしいアメリカの食べ物を発表します。

アメリカの有名な食べ物や料理といえば?絶品のおすすめを厳選紹介

アメリカの有名な食べ物や料理 1「キーライムパイ」

キーライムパイは、南フロリダの定番メニューです。キーライムパイは南フロリダのメニューの定番です。

ライムが手に入ったら、ライムエードを作るのではなく、キーライムパイを作りましょう。フロリダ州の公式パイであるこの生意気なタルトは、世界的な名声を獲得しました。

アメリカの有名な食べ物や料理 2「テイタートッツ」

テイタートッツは、カリカリに揚げたポテトです。円筒形のハッシュブラウンは、オレアイダ社が独自に開発したもので、登録商標になっていることが多いです。

小麦粉と調味料を加え、マッシュしたものを小さなトッツに成形し、1956年に発売した。それから50年余り、アメリカでは年間約3200万キロのこのトッツが食べられています。

アメリカの有名な食べ物や料理 3「サンフランシスコのサワードウ・ブレッド」

サワードウブレッドは、サンフランシスコで最も愛されている焼き菓子です。

ナパバレーのワインと同じくらい、サンフランシスコの食文化の一部であるサワードウは、ゴールドラッシュの時代から定番のパンでした。

かつて開拓時代、鉱山労働者(サワードウで生き延びたことから「サワードウ」と呼ばれた)や入植者は、サワードウスターター(他の醗酵食品よりも信頼できる)を首から下げたりベルトにつけたりして携帯していたそうです。

アメリカの有名な食べ物や料理 4「コブサラダ」

元々は残り物で作ったコブサラダは、今ではアメリカで最も人気のある前菜の一つです。シェフズサラダは東部で生まれたが、西部でレタスに取り組むアメリカの食の革新者たちも負けてはいませんでした。

1937年、ブラウン・ダービーのオーナー、ボブ・コブは、グラウマンズ劇場のシド・グラウマンのために食事をしようと、レストランのノースバインにあったものをかき集めて、冷蔵庫にあったレタス、アボカド、ロメイン、クレソン、トマト、冷たい鶏胸肉、ゆで卵、チャイブ、チーズ、古風なフレンチドレッシングでサラダを作ってみたのだそう。

ブラウン・ダービーの言い伝えによると、「彼は刻み始めた。忙しいシェフから盗んだカリカリのベーコンを加えた” とあるこのサラダはメニューに載り、そのままハリウッドの中心部へと運ばれていったそうです。

アメリカの有名な食べ物や料理 5「ポットロースト」

牛肉と野菜の煮込み、温まる鍋にぴったり。牛肉と野菜の煮込み — 最高に温まる鍋。

ベビーブーマー世代が子供の頃に食べた日曜日の家庭料理であるポットローストは、アメリカのコンフォートフードのトップ10に入るほどセンチメンタルな人気メニューです。

牛のブリスケット、下顎骨、上顎骨、またはチャックを深いロースト鍋に入れ、ポテト、ニンジン、タマネギ、その他、母親が肉汁を染み込ませるために入れたものを、赤ワインやビールで味付けし、蓋をしてコンロかオーブンで調理します。

アメリカの有名な食べ物や料理 6「トゥインキー」

トゥインキーはその耐久性と賞味期限で知られているアメリカの食べ物です。

トゥインキーは、第二次世界大戦中にバナナが不足したため、オリジナルのバナナクリームのフィリングをバニラに変更しました。さらに、テキサス・ステート・フェアでは、トゥインキーを油で揚げることが流行しました。

熱した油の中に捨てたり、包装を破ったりして食べるトゥインキーは、その名前(トゥインクルトゥシューズの広告看板にヒントを得た)、レディーフィンガー(3回穴を開けてフィリングを入れる)の形、ランチタイムの休み時間を連想させ、愛着がわきます。

アメリカの有名な食べ物や料理 7「ジャーキー」

見た目は食欲をそそらないかもしれないが、その味は折り紙付きだ。

ジャーキーは、バックパッカー、ロードトリッパー、スナッカーがこぞって愛する高タンパク食品だ。しかし、ジャーキーは高タンパクで、バックパッカーやロードトリッパー、スナッカーに人気のある食品です。

牛肉、七面鳥、鶏肉、鹿肉、水牛、さらにはダチョウ、ワニ、ヤク、エミューもある。ペッパー、バーベキュー、ヒッコリースモーク、ハニーグレーズド。テリヤキ、ハラペーニョ、レモンペッパー、チリで味付けしています。

アメリカの有名な食べ物や料理 8「ファヒータ」

キャンプファイヤーでスカートステーキ(スペイン語でファジャ)を焼き、トルティーヤで包めば、リオグランデ地方の伝統料理のファヒータです。

1969年、ソニー・ファルコンがテキサスの野外イベントやロデオでファヒータのタコススタンドを始めたのがきっかけで、ファヒータは猟場から大衆文化へと発展したと考えられています。

この料理は、ローンスターステイトのメニューに登場し、グリルオニオン、グリーンペッパー、ピコデガロ、シュレッドチーズ、サワークリームなどの調味料とともに、すぐに全米に広まったのです。

アメリカの有名な食べ物や料理 9「バナナスプリット」

バナナスプリットとして知られるサンデーのバリエーションを発明した人は賞賛に値します。

1904年、ペンシルベニア州ラトローブで、後に検眼医となるデビッド・ストリックラーが薬局のソーダファウンテンでサンデーの実験をしていたところ、バナナを縦に割り、長い舟形皿に入れた、という話がある。

1907年、オハイオ州ウィルミントンで、レストランオーナーのアーネスト・ハザードが、近くの大学の学生を引きつけるために考え出したという逸話もります。1

920年代にシカゴのウォルグリーンがこのスプリットを看板デザートにしたことから、名声が広まりました。

どんな歴史があるにせよ、ウィルミントンで毎年6月の第2週の週末に開催されるバナナスプリットフェスティバルでは、たくさんのことを考えるきっかけを与えてくれます。

アメリカの有名な食べ物や料理 10「コーンブレッド」

コーンブレッドは全米で人気がありますが、南部の伝統的な料理です。コーンブレッドは全米で人気がありますが、南部の定番です。

南部料理の柱の1つだが、コーンブレッドはメイソン・ディクソンの南だけでなく、黒人、白人、ネイティブアメリカンなど多くの文化のソウルフードです。

細かく挽いたコーンミールをベーキングパウダーで固めれば、コーンブレッドになります。

スキレットで焼いたり、マフィン型で焼いたり、チーズやハーブ、ハラペーニョで味付けしたり、コーンブレッドはどのような形であれ、歴史的にネイティブアメリカンや開拓者の母親たちに愛され、今日も全米の食卓に上る、手軽で簡単に作れるパンであり続けているのです。

アメリカの有名な食べ物や料理 11「ゴープ」

「Good Old Raisins and Peanuts(古き良きレーズンとピーナッツ)」、GORPは世界中のバックパッカーのエネルギー補給源です。

トレイルミックスが袋入りやビン入りになる何世紀も前に、ハイキングが実質的な国民的娯楽であるヨーロッパで食べられていました。

グラノーラ、種、ナッツ、ドライフルーツ、砂糖漬けジンジャー、M&Mなど、好きなだけ入れてください。

アメリカの有名な食べ物や料理 12「ジャンバラヤ」

クレオール風でもケイジャン風でも、ジャンバラヤはおいしい料理です。

スペインのパエリアの親戚にあたるジャンバラヤには、赤色(クレオール、トマト入り)と茶色(ケイジャン、トマトなし)があります。

肉、野菜(セロリ、ピーマン、タマネギの三種)、米で作るルイジアナの代表料理は、エビとアンドゥイユソーセージを使ったものが最も印象的かもしれません。

アメリカの有名な食べ物や料理 13「ビスケットとグレービーソース」

南部の人気料理、ビスケットとグレービーソースは、よほど美味しくなければ陳腐な料理としか言いようがない。

ビスケットは伝統的にバターまたはラードとバターミルクで作られ、ミルク(または「製材所」またはカントリー)グレイビーは肉のドリップと(通常)良質の新鮮なポークソーセージの塊と黒コショウで作られます。

ビスケットとグレービーソースは、安価で入手しやすい材料で作ることができ、奴隷や小作人にとって、畑での厳しい一日を乗り切るための食事となったのです。

アメリカの有名な食べ物や料理 14「スミスフィールド・ハム」

スミスフィールド・ハムが初めて販売されたのは1779年という伝説があります。

“ハム、歴史、そしておもてなし”。これがバージニア州スミスフィールドのモットーであり、バージニア州スミスフィールドのハムの故郷です。8,100人の村が1634年に初めて植民地化されたことを考えると、「ハム」が歴史の前にあることがよくわかります。

1926年に制定された法律では、ハムはバージニア州内で加工されたものでなければならないと規定されているため、スミスフィールドは世界のハムの首都と呼ばれています。

アメリカの田舎風ハムの原型は保存のための乾燥生ハムで、塩分が多く硬いため、調理前に水に浸す(塩分を取り除き、再構成する)までは保存が可能でした。

バージニア州の生ハムは、あの有名なバージニア州出身のトーマス・ジェファーソンが好んで食べたと言われています。

アメリカの有名な食べ物や料理 15「チキンフライドステーキ」

チキンフライドステーキは、マッシュポテトやブラックアイピーのようなアメリカ料理の定番に合うように生まれました。

柔らかくしたステーキに味付けした小麦粉をまぶしてフライパンで焼いたこの料理は、オーストリアやドイツからの移民がテキサスの豊富な牛肉を使って子牛のレシピをアレンジして持ち込んだヴァイナーシュニッツェルと同じようなものです。

テキサス州南部の牧畜地帯にあるラメサがこの料理の発祥地だと主張していますが、ローンスターステイトのカウボーイの町バンデラのジョン・”ホワイト・グレービー”・ノイツリングは、自分が発明したと主張しているそうです。

アメリカの有名な食べ物や料理 16「アラスカ産の天然サーモン」

99.8%が養殖であるアトランティックサーモンとは異なり、アラスカサーモンは野生であるため、魚は自由に生き、きれいなものを食べます。

漁期前に、州の生物学者が、たくさんのサーモンが産卵のためにすでに遡上していることを確認します。太平洋岸北西部のインディアンの神話や食生活にサケが登場する部族が好んで使う調理法です。

レッドシダー(防腐剤を含まない)を使い、ゆっくり火を通すと、スモーキーな風味が豊かになります。

アメリカの有名な食べ物や料理 17「カリフォルニアロール」

世界最大のカリフォルニアロールの一角。大きさがどうであれ、これはアメリカで最も人気のある寿司です。

アメリカ初の寿司バーがあったロサンゼルスの東京會舘のシェフ、真下一郎とそのアシスタントの真下一郎は、海苔をシャリの内側に置き、トロの代わりにアボカドを使ったアメリカ人の嫌がる「インサイドアウト」ロールを考案したと言われています。

この「アボカド・カニ・キュウリ巻き」がヒットし、カリフォルニアを皮切りに、寿司は全米を制覇したのである。1980年代の寿司ブームの火付け役となったカリフォルニアロールは、今やどこのスーパーでも手に入ります。

アメリカの有名な食べ物や料理 18「ミートローフ」

ミートローフは、1918年にファニー・ファーマーが出版した「ボストン料理学校」に「ビーフのカネロン」のレシピが掲載されました。

ファニーは、塩漬け豚肉のスライスを上にのせ、ブラウン・マッシュルーム・ソースを添えたものを作りました。(ファニーは塩漬け豚のスライスを上にのせ、ブラウンマッシュルーム・ソースを添えました。

今では、アメリカのお母さんの定番料理となっています。

アメリカの有名な食べ物や料理 19「グリッツ」

グリッツは、プディングにも朝食にも夕食にもなります。グリッツは、愛されながら誤解され、アメリカ先住民のルーツにもなっています。

グリッツは、バージニア州からテキサス州にかけてのいわゆるグリッツ・ベルトと呼ばれる地域で好まれる温かい朝食で、ダイナーでは定番のメニューとなっています。

グリッツは、プレーン、塩味、甘味、炒め物、粥状など、多彩な料理が楽しめる。シンプルで安価なグリッツは、満足感も高い。

アメリカの有名な食べ物や料理 20「マカロニ・アンド・チーズ」

トーマス・ジェファーソンはヨーロッパ旅行の際、ある麺料理をとても気に入り、メモを取り、本国の公式晩餐会で「マカロニ・パイ」として振る舞わせました。

ジェファーソンのいとこ、メアリー・ランドルフは、1824年に出版した料理本 “The Virginia Housewife “の中で、「マカロニ・アンド・チーズ」のレシピを紹介しています。

アメリカの有名な食べ物や料理 21「メリーランド風クラブケーキ」

ボードウォーク風(具を混ぜてパンに挟んで食べる)、レストラン風、グルメ風、フライ、ブロイル、焼きなど、クラブケーキはどんな種類の蟹でも作れますが、伝統と味の両方でチェサピーク湾のブルークラブが好まれるようです。

アメリカの有名な食べ物や料理 22「ポテトチップス」

1853年、ニューヨーク州サラトガスプリングス。ネイティブアメリカンのシェフ、ジョージ・クラムは、優雅なムーンレイク・ロッジの厨房にいました。

気難しい客が、フレンチフライ(当時はフォークで食べる高級料理)を厚すぎるという理由で送り返しました。クラムはもう一度、薄いものを注文する。

しかし、その客にはまだ厚すぎる。そこでクラムは、フォークでつまめないほど薄くスライスしたポテトを作る。驚いたことに、この薄っぺらいフライドポテトは大好評だった。

旅回りのセールスマンだったハーマン・レイは、車のトランクからポテトチップスを売り出し、その後、全国規模で販売される最初のブランド、Lay’s Potato Chipsを設立しました。

Lay’sは1961年にFritoと合併し、スナック菓子の巨人Frito-Layが誕生することになります。

アメリカの有名な食べ物や料理 23「シオッピーノ」

シオッピーノ(cho-pea-no)は、イタリアンテイストの魚の煮込み料理です。

1800年代後半、ノースビーチに定住していたポルトガルやイタリアの漁師たちが、船上で獲った魚を煮込んで持ち帰り、周辺のレストランがそれを取り入れたのが始まりとされるアメリカ料理です。

トマトをベースにワインとスパイスを加え、刻んだ魚(豊富な魚なら何でも、ほとんどはカニ)を入れて煮込んだシオッピーノの名前は、おそらくゴールドラッシュ時代の漁師の出身地、イタリアのリグーリア地方の古典的魚料理から取られたのでしょう。

ノースビーチの「ソットマーレ」、フィッシャーマンズワーフの「スコーマ」、カストロ地区の「アンカーオイスターバー」で、思い出に残る一皿を味わってみてください。

アメリカの有名な食べ物や料理 24「フォーチュン・クッキー」

アメリカ生まれの中華料理の代表格といえば、フォーチュンクッキーだろう。

1900年代初頭にカリフォルニアで発明されたことは間違いないが(サンフランシスコ、ロサンゼルス、そして日本など、その起源はさまざま)、このバター風味の甘いクレセントは、今や世界中の中華料理店で見られるようになりました。

アメリカの有名な食べ物や料理 25「ピーナツバターサンドイッチ」

エルビス・プレスリーが好んだピーナツバターとバナナのサンドイッチ。

ピーナッツバターはアメリカの主食となり、しばしばゼリーと組み合わせてお弁当のおかずにもなっています。

エルビス・プレスリーが好んだ、熟したバナナをつぶしてバターで焼いたピーナツバターサンドイッチは、ロックな味わいです。

アメリカの有名な食べ物や料理 26「ベイクドビーンズ」

ボストンでのベイクドビーンズ人気は、「ビーンタウン」というニックネームにつながった。クックアウト、ポットラック、長い一日の終わりには、この豆がたっぷり入った泡立つ鍋が欠かせない。

おいしいし、歴史もある。ボストニア人がネイビービーンズを糖蜜で何時間も焼くようになるずっと前から、ニューイングランドのネイティブアメリカンは豆にメープルシロップと熊の脂肪を混ぜて、地面に穴を開けてゆっくり調理していました。

開拓時代には、安くて持ち運びに便利なことから、チャックワゴンやカウボーイに好まれていた。この豆は、「ブレイジング・サドル」のキャンプファイヤーのシーンのきっかけとして、大衆文化の中で永遠に愉快に生き続けるだろう。

アメリカの有名な食べ物や料理 27「ポップコーン」

バルパライソでは、労働者の日の後の最初の土曜日に、その伝統を祝してバルパライソポップコーンフェスティバルを開催しています。

アメリカ人は現在、年間約140億リットルのポップコーンを消費している。これは、男性、女性、子供一人当たり43リットルに相当する。

アメリカの有名な食べ物や料理 28「フライドチキン&ワッフル」

1930年、ケンタッキー州コービンのサービスステーションで、秘伝のスパイスでパン粉をつけたチキンを加圧フライにし、ケンタッキーフライドやその他のフライドチキンに続く道を切り開いたのは、若き日のカーネル・サンダースでした。

ナゲット、フィンガー、ポップコーン、バイト、パティ……フライドチキンをワッフルと一緒に食べるのが、私たちのお気に入りの食べ方のひとつです。

アメリカの有名な食べ物や料理 29「ニューイングランド・クラムチャウダー」

カトリック教徒が宗教上、金曜日に肉を食べないという時代は終わりましたが、東海岸のいくつかの地方では、伝統的にクラムチャウダーが提供されています。

メイン州からフロリダ州まで、伝統的なチャウダーがありますが、最も有名で人気があるのは、ニューイングランドスタイルのもので、ポテトとオニオンが入ったクリーミーな白いものです。

マンハッタン風はトマト入りの透明なもの。さらに、フロリダ州セントオーガスティン周辺のミノルカンという、ダティルペッパーを使ったスパイシーなものもあります。

西海岸にも、豚肉の代わりにサーモンを使ったものがあります。

アメリカの有名な食べ物や料理 30「ニューメキシコ・フラット・エンチラーダ」

エンチラーダは、「平らな」もの(ニューメキシコの積み重ねスタイル)や巻き物、赤いチリソースや緑のソース(または「クリスマス」スタイルでは両方)がかかったもので、魅惑の国の多くの文化的プライドの源となっています。

アメリカの有名な食べ物や料理 31「スモア」

家族旅行や星空の下での気ままなキャンプを思い起こさせる、このアメリカ伝統の食べ物ほど素晴らしいものはない。

マシュマロを焼いてグラハムクラッカーに挟み、板チョコレートをかけたのが最初かどうかは誰も知らないようですが、ガールスカウトが1927年の『Tramping and Trailing with the Girl Scouts』で初めてレシピを公開し、多くの一般的なキャンプファイヤーを真髄の体験に変えてきました。

アメリカの有名な食べ物や料理 31「ロブスターロール」

茹でたり蒸したりして食べるロブスターは、ダウンイーストの名物料理です。ロブスターの80%を生産するメイン州では、ロブスター小屋やロブスターベイクが食卓に欠かせない存在となっています。

溶かしたバターをナックルやクロー、テールミートに塗るというシンプルな食べ方もいい。

しかし、バカンス地の潮風に吹かれた日にぴったりなのは、ロブスターロールです。マヨネーズやレモンで和えた甘いロブスターの身を、バターを塗ったホットドッグのパンに挟んで食べれば、大満足のフィンガーフードになるはずです。

アメリカの有名な食べ物や料理 32「バッファローの手羽先」

バッファローウィングは、カイエンヌペッパーとホットソースでコーティングされています。

トロイ・エイクマンが「ウィングストップ」の宣伝マンになるずっと前から、ニューヨーク州バッファローの人々は、1964年に「アンカーバー」のオーナーだったテレサ・ベリッシモが、カイエンペッパー・ホットソースとバターで初めてチキンウィングを和えたことから生まれたと、ほとんどの人が認めるホット&スパイシーウィングを楽しんできました。

アメリカの有名な食べ物や料理 33「BLT」

BLTはアメリカでハムに次いで2番目に好きなサンドイッチで、イギリスでは1番だそうです。

パンはトーストしてもしなくてもよく、ベーコンはカリカリでもしんなりでもよく、レタスはアイスバーグでもその他でもよく(ただしアイスバーグは歯ごたえがあり、味を邪魔しないので好ましい)

BLTの起源は明らかではないが、「1903年グッド・ハウスキーピング・エブリデー・クック・ブック」によく似たクラブ・サンドイッチが掲載されている。

アメリカの有名な食べ物や料理 34「アップルパイ」

アップルパイはアメリカ文化の中心的存在である。

料理評論家のジョン・マリアーニによると、アメリカでアップルパイが登場したのは1780年で、イギリスで人気になってからずっと後のことです。リンゴはアメリカ大陸の原産ではなく、ピルグリム(巡礼者)が種を持ち込んだのです。

では、なぜ星条旗を連想させるのだろうか?パイ協議会のジョン・レインドーフはこう説明する。アップルパイのようにアメリカ的なもの “と言うとき、その本当の意味は、そのものが他の場所からこの国にやってきて、アメリカ的な体験に変わったということです」。

そして、チェダーチーズやバニラアイスがのっていてもいなくても、それを食べればアメリカ人はアイコンとなるほどのものを知っていると言っているのです。

アメリカの有名な食べ物や料理 35「グリーンチリシチュー」

グリーンチリシチューは、ニューメキシコの伝統的な料理です。

豚肉とグリーンチリがこんなにおいしい時間を過ごしたことがあっただろうか?グリーンチリシチューはニューメキシコの冬の食卓の女王と呼ばれているが、私たちはこの香り高いお気に入りを食べるのに、寒い冬の日など必要ない。

ハッチチリを新鮮なうちにローストしておけば、いつでも食べられます。世界のチリの首都、ニューメキシコ州ハッチにあるHatch Chile Expressに注文すると、すでにローストされ、皮をむき、種を取り除き、刻んで冷凍された状態で届きます。

さらに、グリーンチリシチューの産地であるニューメキシコ州まで足を伸ばして、グリーンチリシチューを注文してみてはいかがでしょう。ニューメキシコでキバの暖炉のそばのテーブルで食べても、自宅のキッチンのテーブルで食べても、その香りと味は死ぬほど美味しく、快適さは復活の尺度で際立っています。

アメリカの有名な食べ物や料理 36「チョコレートチップクッキー」

チョコレートチップクッキーは、1938年にアメリカのシェフ、ルース・グレイヴス・ウェイクフィールドによって発明された。

今日、このキラークッキーに最も関連する名前はフィールズ夫人かもしれないが、実は、1930年代のマサチューセッツ州ホイットマンで家庭料理の人気スポット、トールハウスインを経営していたルース・ウェイクフィールドのおかげで、チョコレートチップクッキーを通じてスプーンを舐める愛が共有されたのである。

アメリカの有名な食べ物や料理 37「ブルーベリー・コブラー」

スランプ、グラント、バックルとも呼ばれるコブラーは、オーブンを持たない初期の入植者が、鍋やフライパンで火にかけて調理できる、底にカサのないフルーツ料理を思いついたのが始まりです。

彼らは、洗練されたイギリスの蒸しフルーツと生地のプディングを、ずさんなアメリカ版にすることで、母国を嘲る革命的な中指を立てたのかもしれない。北米原産のブルーベリー(メイン州が独占)を使うと、コブラーは二重の意味でアメリカらしくなります。

ブルーベリーは、どんな皮、生地、パン生地にもよく合うので、私たちはブルーベリーが大好きです。特に、コブラーやブルーベリーマフィンは、アメリカ人のお気に入りです。

アメリカの有名な食べ物や料理 38「デルモニコのステーキ」

ステーキハウスは全米にあるが、ニューヨークの元祖デルモニコほど、世界的に評価の高いステーキの名を冠した由緒ある店はないだろう。

フランス語でレストランと呼ばれる最初の食堂であるデルモニコは、1837年にオープンし、印刷されたメニュー、テーブルクロス、個室、ランチとディナーのメニューなど、前代未聞のものを提供した。

中でも、このレストランが初めて提供したのが、”デルモニコ・ステーキ “である。現在のレストランでは骨なしのリブアイを使用している)どんな素晴らしいカットであっても、デルモニコステーキという言葉は最高のものを意味するようになった。

塩で軽く味付けし、溶かしバターを塗って直火で焼いたステーキには、薄く澄んだグレービーソースと、エイブラハム・リンカーンが好んだという噂の、クリーム、ホワイトペッパー、パルメザンチーズ、ナツメグを使ったデルモニコポテトを添えるのが伝統的なスタイルだ。

アメリカの有名な食べ物や料理 39「シカゴ・スタイル・ピザ」

ディープディッシュピザはシカゴの名物料理。

ナポリが最初のピザを作りましたが、ビッグショルダー(そしてさらに大きなピザ)の街は、ディープディッシュを作りました。1943年、アイク・スウェルという先見の明のある人物が、シカゴに「ウノズ・ピッツェリア」をオープンしました。

それまで軽食とされていたピザも、ボリュームを出せば食事として食べられるというアイデアです。

ウノや初代シェフのルディ・マルナティが考案したにせよ、ピザの守護神の一人は、深く、高く積み上げ、バター風味の高いクラストに、たくさんの肉、チーズ、トマトの塊、そして本場イタリアのスパイスを詰め込みました。

レンガ造りの窯で作られる薄焼きピザもありますが、クラストを求めるなら、シカゴ・スタイルほど満足できるものはないでしょう。

アメリカの有名な食べ物や料理 40「ナチョス」

国境を越えて愛されるようになった北メキシコのスナック。

テキサス州イーグルパスから国境を越えたところにあるメキシコのピエドラ・ネグラスでは、なぜ毎年10月に国際ナチョフェスティバルと世界最大のナチョコンテストが開催されるのだろうか。

それは、フォート・ダンカンに駐留するアメリカ兵の妻たちが、閉店後のレストラン「ビクトリー・クラブ」に集まってきたとき、イグナシオ・”ナチョ”・アナヤがナチョスを発明したからである。

店長のイグナシオは、手持ちの材料で即席のナチョスを作り、「ナチョス・エスペシアレス」と命名しました。それ以来、ナチョスは国境を越え、大陸を越え、世界へと羽ばたいていった。

アメリカの有名な食べ物や料理 41「フィリーチーズステーキ」

フィリーチーズステーキは、バラク・オバマ前大統領を含む有名なファンがいる。

フィリーチーズステーキサンドイッチは、油で焼きながら刻んだ「フリッジルビーフ」を使用し、残りのオニオンとチーズ(アメリカン、プロヴォローネ、チーズウィズ)を地元産の長いアモローゾバンズに挟んだ油の旨みが特徴です。

パットとハリー・オリビエリは、最初のチーズステーキを作り(当初はピザソースで、チーズはパットのコックの一人が後で作ったようだ)、サウスフィリーのホットドッグスタンドで販売した功績があります。

パットはその後、「パッツ・キング・オブ・ステーキ」を開店し、現在も営業を続け、ライバルの「ジェノズ・ステーキ」と街一番のチーズステーキの称号を競い合っています。

アメリカの有名な食べ物や料理 42「ホットドッグ」

ホットドッグはアメリカのストリートフードの定番であり、 国内の屋台やスタンドで売られています。

野球の試合や夏の料理教室で食べるホットドッグほど、おいしさを引き立てるものはないでしょう。

ホットドッグは、ドイツ・フランクフルトのソーセージ(「フランクフルト」や「フランク」の由来)と、ドイツ移民のチャールズ・フェルトマンが、皿を汚さないためにバンズを使って発明したと言われています。

しかし、ホットドッグをアイコンにしたのは、ポーランド移民のネイサン・ハンドワーカーのコニーアイランドのホットドッグスタンドであった。

1916年以来、毎年7月4日には、まさにそのネイサンズが国際ホットドッグ早食いコンテストを開催しています(2011年には、現在5連覇中のジョーイ・チェスナットが、10分間の顔面騎乗で62本のホットドッグとバンズを食べ、タイトルを獲得しました)。

一方、ウィンディシティでは、蒸したり水で煮たりした牛肉だけのシカゴドッグ(ウィーンビーフをどうぞ)が、今でも「庭を引きずって」ポピーシードのバンズで提供され、絶対にケチャップ抜きで食べられます。

アメリカの有名な食べ物や料理 43「ルーベンサンド」

コンビーフ、スイスチーズ、ザウアークラウト、ロシアン・ドレッシング–ルーベン・サンドイッチの究極の組み合わせです。

ザワークラウトがこれほどセクシーになるとは、誰が想像しただろうか?1925年、オマハのブラックストーンホテルで、ポーカープレイヤーに食べさせるために即興でこの名前のサンドイッチを作った八百屋のルーベン・クラコフスキーが、深夜にひらめいたのだろうか。

それとも、ニューヨークの今はなき「ルーベンズ・デリカテッセン」のドイツ人オーナー、アーノルド・ルーベンが1914年に考え出したのだろうか?

その答えは、語源を調べる上では重要かもしれないが、ルーベンの秘密は、誰の名前にちなんで付けられたかではなく、何を使って和えたかにある。市販のロシア風ソースやサウザンドアイランド風ソースは使わず、自家製ソースを使うのがマニアックなところ。

そして、手でスライスした厚めのライ麦かプンパニッケルと、おいしいパストラミかコンビーフが必要です。

アメリカの有名な食べ物や料理 44「チーズバーガー」

チーズバーガーは、1920年代から1930年代にかけて流行した。

1920年代後半にカリフォルニア州パサデナで、ライトスポットの若いシェフがハンバーガーを誤って焼いてしまい、その失敗をごまかすためにチーズをかけたのが、クラシックなチーズバーガーの始まりだと言うのです。

私たちが一番好きなのは、ニューメキシコのチーズバーガーの食べ方です。グリーンチリ・チーズバーガー・トレイル(Green Chile Cheeseburger Trail)を辿ってみましょう。

アメリカの有名な食べ物や料理 45 「サンクスギビング・ディナー」

感謝祭の七面鳥は、アメリカの祝日の定番です。

1621年、プリマスで巡礼者たちが断食をせず、ワンパノアグ族とパーティーをすることに決めた最初の感謝祭には、派手なセンターピースも、長く続く家族の揉め事もない。

今日、私たちは彼らが食べたと思われる鹿肉を敬遠し、3日間のご馳走を1回の大食に詰め込んでしまう。

消化不良はともかく、七面鳥(ロースト、揚げ物、トーフ、ルイジアナで人気のターダッキン)、ドレッシング(古いローフブレッド、コーンブレッド、タマネギ、セロリ)、ソーセージなど、オールアメリカンの典型的な食事ほど美味いものはない。

クランベリーソース、マッシュポテトとスイートポテト、フレンチフライのオニオンリングをのせたインゲン豆のキャセロール、そしてパンプキンパイです。