世界的に有名な絵画といえば?ゴッホやダヴィンチの作品をまとめて紹介

数千年の間に多くの絵画が描かれ、その中で「不朽の名作」と呼ばれ、一般に親しまれている絵画はごく一部であり、その中には偶然にも有名な画家が制作しているものがあります。

今回の記事では、「これぞ!」という作品、「史上最高の絵画」リストとしてご紹介します。

世界的に有名な絵画といえば?ゴッホやダヴィンチの作品をまとめて紹介

有名な絵画 1「レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナリザ》」

1503年から1517年にかけて描かれたダ・ヴィンチの魅力的な肖像画は、制作されたその日から、二つの疑問に悩まされています。

被写体は誰なのか、なぜ彼女は微笑んでいるのか。前者については、長年にわたってさまざまな説が唱えられてきました。

フィレンツェの商人フランチェスコ・ディ・バルトロメオ・デル・ジョコンドの妻(だから『ラ・ジョコンダ』という別称がある)、レオナルドの母カテリーナ(レオナルドの少年時代の思い出から思いついた)、そして最後に女装した自画像であるという説です。

有名な微笑みに関しては、その謎めいた性質が何世紀にもわたって人々を狂喜させてきました。

その理由はともかく、モナリザの超然とした表情は、レオナルドが大気遠近法を用いて遠景に溶け込ませた、彼女の背後にある理想的な風景と見事に調和しています。

有名な絵画 2「ヨハネス・フェルメール《真珠の耳飾りの少女》」

ヨハネス・フェルメールが1665年に描いた若い女性の習作は、まるで写真のようにリアルで、驚くほどモダンな作品です。これは、フェルメールがカメラ・オブスキュラという写真以前の装置を用いて制作したかどうかという議論に発展します。

フェルメールのメイドではないかとも言われている。肩越しに見る彼女の姿は、まるで世紀を超えて親密な関係を築こうとするように、見る者と視線を合わせて描かれています。

この作品は肖像画ではなく、オランダのトロニーと呼ばれるジャンルに属するもので、顔立ちの静物画であり、似顔絵のようなものです。

有名な絵画 3「フィンセント・ファン・ゴッホ《星降る夜》」

フィンセント・ファン・ゴッホの最も人気のある絵「星月夜」は、ゴッホが1889年に身を寄せたサンレミの精神病院で制作されました。

夜空には、彼の個人的な悪魔と自然への畏敬の念が陰と陽に渦を巻き、熱狂的な筆致で描かれており、当時の彼の激動の精神状態を反映しているようです。

有名な絵画 4「グスタフ・クリムト《接吻》」

グスタフ・クリムトが世紀末に描いた「接吻」は、象徴主義とウィーン・ユーゲントシュティール(オーストリアのユーゲントシュティールの一種)をミックスしたもので、豪華な金箔と贅沢なパターンが施されています。

クリムトは、神話的な人物像を、最新のグラフィック・モチーフをふんだんに用いた表面で現代的に表現しています。

この作品は、1903年にイタリアのラヴェンナにあるサン・ヴィターレ教会を訪れ、同教会の有名なビザンチン様式のモザイクを見たことからインスピレーションを得て、金箔を多用した1899年から1910年の黄金期の最高傑作といえるでしょう。

有名な絵画 5「サンドロ・ボッティチェリ《ヴィーナスの誕生》」

ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』は、ロレンツォ・デ・メディチのために制作された、古代以来の非宗教的な全身裸婦像です。

愛の女神の姿は、ロレンツォとその弟ジュリアーノが好意を寄せていたとされるシモネッタ・カッタネオ・ヴェスプッチに倣ったものとされています。

ヴィーナスは、風の神ゼフィルスとアウラによって巨大な貝殻に乗せられて陸に打ち上げられ、春の象徴であるマントをまとって陸で待っている姿が描かれています。

当然のことながら、ヴィーナスはドミニコ会の修道士サヴォナローラの怒りを買い、フィレンツェの人々の俗物趣味を原理主義的に取り締まりました。

1497年には、化粧品、美術品、書籍など「不敬」なものを焚き火で燃やす「虚栄の焚き火」という悪名高いキャンペーンを行います。

「ヴィーナスの誕生」も焼却処分される予定だったが、なんとか焼却を免れました。しかし、ボッティチェリはこの事件で恐怖を感じ、しばらく絵を描くことを諦めたといいます。

有名な絵画 6「ジェームズ・アボット・マクニール・ウィスラー《グレーと黒のアレンジメント No.1》」

ウィスラーの《母》、あるいは《灰色と黒のアレンジメント》第1番という実際のタイトルは、芸術のための芸術を追求する画家の野心を物語っています。

1871年、ロンドンのアトリエで描かれたこの作品では、肖像画の形式がエッセイのように展開されています。ウィスラーの母アンナは、直角の配置に固定されたいくつかの要素の一つとして描かれています。

彼女の厳しい表情は構図の厳格さと相まって、ウィスラーの形式主義的な意図とは裏腹に、この絵が母性の象徴となったことは、いささか皮肉な話です。

有名な絵画 7「ヤン・ファン・エイク《アルノルフィーニの肖像》」

北方ルネサンス期の代表作のひとつで、油彩による最初の絵画のひとつとされる。イタリアの商人とその花嫁かどうかわからない女性を描いたとされる、全身二重像です。

1934年、著名な美術史家であるエルヴィン・パノフスキーが、この絵は実は結婚の契約書であると提唱しました。

この作品は、直交する遠近法を用いて、鑑賞者の空間と連続するような空間を作り出し、まるでその中に入っていけるような、最初の室内画のひとつであると断言することができます。

有名な絵画 8「ヒエロニムス・ボス 《大地の喜びの園》」

この幻想的な三枚絵は、一般にシュルレアリスムの遠い前身と考えられています。

実は、神と悪魔、天国と地獄が実在すると信じていた中世後期の芸術家の表現なのだ。3つの場面のうち、左のコマはキリストがアダムにイブを差し出す場面、右のコマは地獄の堕落を描いているが、中央のコマが天国を描いているかどうかは不明です。

ボッシュの地獄絵図では、男根のナイフを持った巨大な耳が呪われた者たちを襲い、王冠に便器をかぶった鳥肌の立つ虫の王が玉座に座り、運命の者たちを食い尽くしてすぐにまた排泄してしまうという、狂気に満ちた地獄絵図が描かれています。

有名な絵画 9「ジョルジュ・スーラ『ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後』1884-1886年

ジョルジュ・スーラの代表作は、ラ・ベル・エポックのパリを想起させるが、実際はパリ中心部からかなり離れた郊外の労働者階級の風景を描いている。印象派のブルジョワ的な描写とは異なり、スーラはしばしばこのような風景を題材にしています。

マネやモネ、ドガのような「一瞬を切り取る」表現を排し、ギリシャ彫刻のような「永遠性」を追求したのです。

そして、このフリーズのような人物列像は、まさにその静謐さが、古典的な風景を現代的な形で表現しようとしたスーラの意図と一致しています。

有名な絵画 10「パブロ・ピカソ《アヴィニョンの娘》」

ピカソがパリのトロカドロ宮で見たアフリカの仮面をモチーフに、西洋絵画の具象の伝統から決別し、近代美術の幕開けとなった「アビニヨンの夢」。

その構成上のDNAは、現在メトロポリタン美術館に展示されているエル・グレコの《聖ヨハネの幻影》(1608-14年)にも受け継がれています。描かれている女性たちは、実は画家の故郷バルセロナの売春宿の娼婦たちです。

有名な絵画 11「ピーテル・ブリューゲル・ザ・エルダー《収穫人》」

ブリューゲルが描いた庶民のためのファンファーレは、西洋美術を代表する作品のひとつとされています。この構図は、季節をテーマに制作された6枚のうちの1枚です。

時期は9月上旬と思われる。左側には熟した小麦を刈って束ねる農民の一団、右側には昼の食事をとる一団が描かれています。木の下でズボンのボタンをはずしてくつろいでいる人もいます。

このような細部へのこだわりは、空間へと後退していく粒状の観察の行列として、絵全体に貫かれている。宗教画の背景として風景画が主流であった当時としては、異例のことでした。

有名な絵画 12「エドゥアール・マネ《湖畔の夕べ》」

マネのピクニック風景は、フランスの芸術水準を決めるアカデミー・デ・ボザールの公式美術展である「サロン」の審査員が却下した作品で構成される「拒否のサロン」で発表され、スキャンダルとなりました。

マネの作品に対する最も激しい反対意見は、現代の服装をした男たちに囲まれた裸婦の描写を中心に語られます。

ラファエロやジョルジョーネなどルネサンス期の巨匠から借用したモチーフをもとに、古典的な具象表現を生意気にもアレンジし、現代の生活と絵画の伝統を不遜にも融合させたのです。

有名な絵画 13「ピエト・モンドリアン《赤青黄のコンポジション》」

小さな絵(18インチ×18インチ)でありながら、美術史的に大きなパンチを持つモンドリアンの作品は、形、色、構図を基本的な構成要素に分解するラディカルな蒸留を表しています。

モンドリアンは、パレットを三原色(赤、黄、青)と黒、白に限定し、顔料を平らに混ぜて四角や長方形に配置した、ミニマリズムを先取りするような作品です。

有名な絵画 14. ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・ベラスケス《ラス・メニーナス》

絵画の中の絵画ともいえるベラスケスの傑作は、さまざまなテーマがひとつにまとまっています。

ベラスケスのアトリエに描かれたスペイン王室とその従者たちの肖像、自画像、芸術のための芸術ともいえる豪快な筆さばき、そしてベラスケスの仕事ぶりが垣間見える室内風景など、さまざまなテーマで構成されています。

『ラス・メニーナス』は、見ることの本質を説いた作品であると同時に、見る者を当惑させる謎解き作品でもあるのです。

この作品は、第4の壁を破ることに相当する。この場合、アトリエの奥の壁には、スペイン王と王妃の顔を映す鏡が掛けられている。その鏡にはスペイン国王夫妻の顔が映し出されているのです。

この鏡は即座に、王室夫妻が画面のこちら側にいることを示唆し、私たちが彼らとどのような関係にあるのか、という疑問を投げかけます。

一方、ベラスケスの全身像は、イーゼルに立つ自分自身を描いており、鏡を見ながら描いているのだろうかという疑問を抱かせています。

言い換えれば、《ラス・メニーナス》の被写体は(全員がフレームの外側で視線を固定している)、私たちを見ているのか、それとも自分自身を見ているのか、ということです。

有名な絵画 15「パブロ・ピカソ《ゲルニカ》」

おそらくピカソの最も有名な絵画であるゲルニカは、スペイン内戦中の1937年、ファシスト指導者フランシスコ・フランコと同盟を結んだドイツとイタリアの航空機が、同名のバスク都市を爆撃したことに起因する反戦のクリ・ドゥ・クールです。

1937年のパリ万国博覧会のスペイン館に展示するために、フランコと対立する左派政権がピカソに依頼し、制作されました。閉幕後、ゲルニカは世界各地を巡回し、ニューヨーク近代美術館に展示されました。

ピカソは、民主主義が回復したら母国スペインに返還するという条件でMoMAに貸し出したが、フランコが亡くなった1975年から6年後の1981年(ピカソ自身はその2年前に亡くなっている)、この絵はマドリードの国立ソフィア王妃芸術センターに所蔵されています。

有名な絵画 16「フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス《裸のマジャ》」

自分の肌に馴染み、恥ずかしげもなく見る者を見つめるこの女性の裸体は、描かれた当時大きな反響を呼び、ゴヤはスペインの異端審問で問題にされたこともあります。

この作品には、西洋美術で初めて描かれた人毛の描写があります。

スペインの首相マヌエル・デ・ゴドイの依頼で描かれた《裸のマジャ》には、服を着た人物が描かれた別バージョンもあります。この女性の正体は謎のままだが、ゴドイの若い愛人ペピタ・トゥドであるとする説が有力です。

有名な絵画 17「ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル《グランド・オダリスク》」

ナポレオンの妹、ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラの依頼で制作された『グランド・オダリスク』は、画家がそれまでの新古典主義様式から脱却したことを示す作品です。

この作品はマニエリスム的ともいえるが、一般的には、新古典主義の精密さ、形式、等質性を否定し、見る者の感情的な反応を重視したロマン主義への移行と考えられています。

この作品は、長椅子の上で物憂げなポーズをとる妾を描いたもので、その奇妙なプロポーションが特徴的です。

解剖学的に正しくなく、謎めいたこの不気味な姿は、当時の批評家から嘲笑を浴びたが、やがてアングルで最も長く愛される作品のひとつとなりました。

有名な絵画 18「ウジェーヌ・ドラクロワ《民衆を率いる自由》」

フランス国王シャルル10世を倒した1830年の七月革命を記念して制作された「民衆を導く自由」は、世界中で革命精神の代名詞となっています。

寓意と現代的な要素が融合したこの作品は、ロマン派のスリリングな例であり、主人公がフランス三色旗を振りかざし、その後ろで様々な階級の人々が団結して、戦死者の死体が散乱するバリケードを襲撃するというものです。

このイメージは、自由の女神やヴィクトル・ユーゴーの小説『レ・ミゼラブル』など、他の美術作品や文学作品にも影響を与えた。

有名な絵画 19「クロード・モネ《印象・日の出》」

印象派を代表する画家であるモネは、故郷のル・アーヴル港の夜明けを描き、印象派の名称を事実上決定づけました。

光と色彩の研究で知られるモネが、水と空が溶け合う霞んだ青空に、オレンジ色の球体が差し込む太陽を、筆致を駆使して描いた素晴らしい作品です。

有名な絵画 20「カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ《霧の海の上のさすらい人》」

自然への崇拝、より正確には自然から受ける畏敬の念は、ロマン派美術の特徴であり、山中で岩場に立ち止まって周囲を眺めるハイカーの姿は、その好例です。

風景に魅了されて振り向けないのか、背中を向けているが、そのポーズはまるで肩越しに風景を見ているようで、私たちを引き込んでいきます。

有名な絵画 21「テオドール・ジェリコー《メデューサのいかだ》」

ジェリコは、現代のニュースを題材に、時代を超えたアイコンに変身させました。

1818年、アフリカ沖でフランス海軍の船が沈没し、147人の船員が急ごしらえのいかだで漂流する事件が起きたのがその背景である。13日間の航海の末に15人が残ったが、その中には共食いも含まれています。

この作品は、いかだの乗組員が救助船を発見する瞬間を捉えたもので、ピラミッド型の劇的な構図が特徴的な、実物大の作品です。

ジェリコは、この巨大なキャンバスを誰にも頼らず自費で制作し、生存者にインタビューを行い、その証言をもとに何度も綿密な調査を行うなど、調査記者のような姿勢で臨んだといいます。

有名な絵画 22「エドワード・ホッパー 《ナイトホーク》」

都会の孤独を描いた象徴的な作品である《ナイトホークス》は、ダイナーのファサード全体を占めるほどの大きな回り込み窓のあるグレイシャースプーンの店内で、夜の登場人物たちの1/4を描いています。

このシーンで唯一の光源である明るい店内は、歩道や周囲のビルを照らしており、それ以外の部分は暗くなっています。ガラス張りの外装は陳列ケースのような効果をもたらし、被写体(3人の客とカウンターマン)が2人きりであることをより強く意識させます。

この作品では、被写体がお互いを無視しながら、夢想にふけったり、疲労困憊している様子が描かれており、疎外感を表現している。また、右端の赤毛の女性は、ホッパーの妻ジョーで、彼女はホッパーのために頻繁にモデルを務めました。

有名な絵画 23「マルセル・デュシャン《階段を降りる裸婦》」

20世紀初頭、アメリカ人は近代美術をほとんど知らなかったが、ニューヨークのレキシントン通り25丁目と26丁目の間にある第69連隊兵器庫で、ヨーロッパを代表するモダニストたちの調査が行われ、その様相は一変することになります。

この展覧会の正式名称は「近代美術国際展」であったが、それ以来、単に「アーモリーショー」と呼ばれています。

この展覧会は、新聞の一面を飾るほどの大評判となり、批評家たちの反感を買った。その騒動の中心にあったのが、マルセル・デュシャンのこの絵です。

キュビズムと未来派をミックスしたようなスタイルで、デュシャンは、エドワード・マイブリッジやエティエンヌ=ジュール・マレーの写真運動学からインスピレーションを得て、被写体を多重露出で描き、時間や空間の動きを表現しています。

その平面的な構成は最も怒りを買い、この絵は嘲笑の的となりました。

ニューヨーク・タイムズ』紙の美術評論家は「板葺き工場の爆発」と評し、『ニューヨーク・イブニング・サン』紙は「階段を降りる無礼者(地下鉄のラッシュアワー)」というキャプションで、通勤客が列車に乗る際に押し合いへし合いする風刺漫画版を掲載しました。

デュシャンは、『レディマド』や『大きなガラス』などのコンセプチュアルな実験に本格的に取り組む前に描いた数少ない絵画のひとつであり、『ヌード』はその代表作です。