キャリアとは?意味や由来、仕事のキャリアを考えるメリットを紹介

キャリアとは

キャリアとは何か、気になっていませんでしょうか。キャリアの意味大きく2つあり、「仕事のキャリア」という意味と「携帯のキャリア」という意味があります。

今回の記事では、どちらの意味についてもわかりやすく解説していきますので、参考にして下さい。

1.キャリアとは?仕事と携帯電話のキャリアの意味がある

仕事のキャリアだと、その人の過去の職務経験と、これからの将来の能力開発計画を含む概念です。この用語は、仕事や雇用の文脈で、昇進の機会に関連して最もよく使われます。

仕事の意味や人生の目標を明確にし、今何をすべきかを考えながら、日々仕事と向き合っていくことがキャリア形成には大切になります。

また、キャリア開発は、キャリアアップやスキルアップなど仕事の文脈で使われることが多い言葉です。

キャリア形成は、人生の現役時代を通じて、特に職業に関連するような経過や行動を指すものでもあります。特に職業に関連したもので、長い間、様々な仕事をし、肩書きを得て、仕事を成し遂げてきたことを指します。

このように考えると、キャリアには、職業選択や昇進など、あなたのキャリア形成に関わるすべてのものが含まれます。一つのキャリアには、さまざまな道が含まれている可能性があります。

個人が人生の自己実現を図る上でも有効な言葉であり、働き方だけでなく、生き方についても、5年後、10年後の自分の姿を思い描き、理想像に近づくために何をすべきかを考えることが重要になります。

携帯のキャリアの意味

携帯のキャリアの意味だと、携帯電話サービスを提供する電気通信事業者またはオペレーターのことです。

キャリアという言葉は、英語の “carrier “に由来するとされ、”conveyer” “carrier” “messenger” という意味があります。そのため、キャリアは音声やデータを運ぶ存在として捉えられています。

一般に、キャリアは自社で通信回線を持つ企業を指すことが多く、NTTドコモ、au、ソフトバンクは「大手キャリア」「3大キャリア」と呼ばれることがあります。

2.仕事のキャリアの意味は?

近年、「キャリア」という言葉が頻繁に使われるようになったが、その定義は不明確なことが多いです。厚生労働省が提唱するキャリアの概念では、“時間的に持続する、あるいは継続性のある概念 “と定義されています。

つまり、キャリアとは、働くことの継続的な過程、働くことに関わる生き方を指すのです。

したがって、キャリアを築くということは、単にこの仕事の経験を積むということだけでなく、自分のスキルや知識、経験、そして生き方を磨くということでもあるのです。

日本では、スキルや知識を示す「経験」、転職回数や会社のランクなどの「職歴」、日本独自の基準である「年齢」、性格を表す「考え方・人間性」、ビジネスの状況やトレンドなどの「外部要因」の5つを総合してキャリアを判断します。

3.仕事のキャリアの例

無関係な複数の仕事 互いに関連性のない複数の仕事でキャリアを構成することができます。

例①

小売店で販売員として働いた後、レストランでサーバーとして働き、その後、動物病院で受付を担当する。

それぞれの仕事が次の仕事と大きく異なるため、次のポジションを予測することはできません。共通点が少ないため、給料が大きく上がったり、責任が大きくなったりすることはありません。

同一職種の中で昇進する 同じ組織で働くか、別の事業所で働くかに関わらず、同じ職種の中で昇進していく道です。

例②

レジ係として働いている場合、最終的にはレジを操作しながら接客も行うカスタマーサービスのポジションに移ることができます。最終的には、レジ係の責任者として、他のレジ係を指導する立場になることも可能です。

同業種でも職種を変えて昇進する場合も、同じ業界にとどまるが、必ずしも同じ職種に就く必要はない、という道です。

例③

レストランのマネージャーを目指場合、最初は皿洗いから始まり、サーバー職、サーバー長やアシスタントマネージャーを経て、最終的にマネージャーを目指すことも可能です。

4.仕事のキャリアに関連する言葉

キャリアビジョン

キャリアビジョンを描くと、目標が明確になり、そのために今何をすべきかがわかるようになります。また、キャリアビジョンを描くことで、自分自身の将来像も描けるようになります。

そうすることで、自分が何をしたいのか、そのために何をすればいいのかが明確になります。キャリアビジョンを持つことは、将来の計画を立て、成功に導くために必要不可欠なことなのです。

キャリアパス

キャリアパスを策定することは、目的意識を持たせ、モチベーションを向上させるというメリットがあります。

求職者に自社のキャリアパスを開示することで、入社後のイメージがしやすくなり、内定承諾率の向上やミスマッチの防止につながります。

キャリアプラン

この言葉は、上記の「キャリアパス」と非常によく似ています。しかし、両者には以下のような違いがあります。

キャリアパスは、同一企業内での昇進・配置転換などのルートに対して、キャリアプランは、独立や転職など、キャリアパス全般を示します。

キャリアデザイン

キャリアデザインとは、「将来こうありたい」という自分の将来像を実現するために、職業人生を主体的に計画し、実現することです。

キャリアプランとの違いは、キャリアデザインでは、仕事の目標だけでなく、ライフスタイルや価値観なども考慮し、自分の望む将来像の全体像を形成していく点です。

5.仕事のキャリアを考える意味とは

自分の価値観や興味、希望する環境などを見つめ直し、自己理解を深めることが大切です。そうすることで、将来、自分がどのようなキャリアを歩むべきかが見えてきます。

仕事選びの参考になる「Will、Can、Must」という考え方があります。Willとは仕事を通じて実現したいこと、Canとはできること、Mustとは自分の使命のことです。

特にやりたいことが見つからない場合は、自分の得意なこと(Can)を足がかりにすると、キャリアにつながることがあります。

例えば、あなたが英語(Can)が得意だとします。人々の健康をサポートしたい(Will)のであれば、海外に展開する製薬会社でのキャリアもあり得ます。

将来を考えるなら、時代の一歩先を見据えたキャリアプランを検討することが重要です。

オックスフォード大学マーティン経営大学院のマイケル・A・オズボーン准教授とカール・ベネディクト・フレイ博士の研究によると、2025年から2035年頃、日本の労働人口の49%が人工知能やロボットによって代替可能になると予測しています。

単純作業は機械に置き換えられるが、複雑な思考が必要で人間にしかできない仕事は残るとされ、例えば受付、バスやタクシーの運転手、ビルの管理人などが機械に置き換わる可能性があるとされています。

また、日本では高齢化が進み、介護・医療業界のニーズが高まると予想されています。

最後に

キャリアパスがどのように進んでいくかを理解するためには、さまざまなキャリアのキャリアパスを確認することが役に立ちます。

一つの職種の中で進むような直接的なキャリアパスもあれば、間接的なキャリアパスもあり、異なる業界や異なる職種で働くこともあることを意識すると良いでしょう。

接客や販売

カスタマーサービス担当→インサイドセールス担当→アウトサイドセールス担当→アカウントエグゼクティブ→セールスマネージャー

エディトリアル

編集アシスタント→編集アシスタント→編集者→シニアエディター→エディトリアルディレクター

教育関係

教師→カリキュラムコーディネーター→副校長→校長

リテール

販売員→アシスタントマネジメント→ストアマネージャー→リージョナルマネージャー

ヒューマンリソース

人事: 人事アシスタント -> 人事スペシャリスト -> 人事アシスタントディレクター -> 人事ディレクター

など、さまざまなキャリアがあります。