コロンとは?香水との違いや歴史などをわかりやすく紹介

コロン

コロンとは何か気になっていませんでしょうか。

香水とどう違うのか、コロンが生まれた語源や歴史についてわかりやすく解説していきます。

コロンとは?

コロンとは、オーデコロンを省略した言い方です。

そもそも、フレグランスの語源は、「心地よい甘い香り」を意味する「fragrant(フレグラント)」です。

香水、オーデパルファム、オーデコロンといった具合に、香りは連想されます。

では、これらの用語の本当の違いは何なのかを紹介していきます。

香水とオーデコロンの違いは?

現在、香水とコロンという使い方の違いは何かといえば、誰が何を身に着けているかということです。

現代のマーケティング効果で「男性用」「女性用」というラベルがあります。香りの市場では、香水は女性と男性のためのコロンということがあります。

しかし、香水もオーデコロンもオイル濃度であったり、香理の耐久性であったりが全然違います。

適切な濃度を見つけることは、完璧な香りを選択するのと同じくらい重要です。まず、これらの香りがどのように作られているを理解する必要があります。

オイルがどのように濃縮されているか、香りがどのように軽いか重いかを知ることができるように教えてくれます。その違いを見ていきましょう。

香水

香水は香りの濃度が最も高く(オイル濃度が20%以上)、これはつまり、目立ちやすく、一日中香りが持続することを意味します。その結果、香水は最も高い価格を要求されることになります。

また、香水はアルコールが少ないため、肌が乾燥しにくいので、敏感肌の人は香水を使うとよいでしょう。

オードパルファム

香水の次に濃度が高いのがこのタイプです。オードパルファムは、香水油の次の高濃度、15 ~ 20 % の間があります。

デパートのカウンターで多くの香水は、オードパルファムです。香りは、朝から夕方まで顕著になるし、夜に服を脱いだときにまだ検出可能である必要があります。

平均して、固体 4 ~ 5 時間あなたの香りの作業とまだ皮膚の耐性を保証するためにアルコールの非常に低い量を含む得ることができます。

これらは最も一般的な香りのカテゴリーです。朝から晩まで香りが持続し、夜、服を脱いでも香りが残っていることが必要です。

オードトワレ

最もポピュラーな香りのひとつで、5%から15%の濃度で、オードパルファムより安価です。通常、2~3時間持続します。

オードトワレは、香水オイルの濃度が低く、通常5~15%で、肌への負担が軽く、必ずしも夕方まで持続するわけではありません。いくつかの仮説は、オードパルファムは夜のために作られていますが、オードトワレは昼間の摩耗のために作られていますが、すべてのものの美しさで、それはすべてについて何を好むです。疑わしきは、あなたが望むものを行う。

多くの成功した香りオードパルファムとして開始し、軽量、オードトワレ バージョンでリリースされているが、彼らは常に、パルファム対応と同じノートを共有することがあります。ウッドやパチョリなど重い香りを取り除いて軽くしたり、フローラルやシトラスなど、発泡性を高めるために追加する場合もある。

オードトワレが完全に消えてから、香りを変えることを勧める人もいる。しかし、香りが薄くなったように見えても、水分に触れると再び香るのが一般的です。手を洗ったときや雨に降られたときに、再び香りがすることはありませんか?新しい香りが古いものに新しい生命を吹き込むかもしれないので、それでも別の香りをスプレーするつもりなら、それが補完的であることを確認します。

オードトワレの語源は、フランス語の「faire sa toilette」、つまり身支度を整えるという意味です。

オーデコロン

香りの濃度が2~4%と低く、アルコール度数が高いため、オーデコロンは上記よりかなり安価です。一般に2時間程度持続します。

これらのタイプの香りは、ハーブと柑橘系のノートを使用し、ベースノートで少し固定した伝統的なレシピです。オーデコロンは通常より大きなボトルでこの香りの多く、一日に沿って着用する必要があります。

オー ・ フレッシュ

この最後の香りは、香りが 2 時間まで続くことで、前の 1 つに非常に似ています。しかし、香りの濃度はさらに低く、わずか1%~3%です。

主な違いは、オ・フラリッシュはアルコールを多く含んでいないことである。オ・フレッシュはほとんどが水なので、敏感肌の方にもおすすめです。

オーデコロンと同様、オーフレッシュもアルコール濃度が非常に低く、1~3%程度であることがあります。違いは、コロンが従来のフレグランスのようにアルコールと混合されていることです。オー・フレッシュは、ほとんど水と混合され、長続きする香りのない迅速なリフレッシャーとして機能します。

オーデコロンの歴史

最初のオーデコロンが登場したのは18世紀です。

ジャン=ポール・フェミニスが、当時「アクア・アドミラビリス・コロニアエ」または「オー・アドミラブル・ド・コロン」と呼ばれていた香水を初めて売り出しました。

フェミニスの死後、彼はその秘密を甥のジャン・マリア・ファリーナに打ち明けました。以来、ジャン・マリア・ファリーナの子孫である8代目によって、オリジナルのオーデコロンが今もケルンで生産されています。

このフレグランスのめくるめく成功は、他社に独自のオーデコロン作りを促しました。こうして、Muelhens No.4711、もう一つの有名なオーデコロンが1792年から今日まで生産され続けています。

オーデコロンの魅力とは?

当時のオーデコロンは、様々な柑橘類をワインアルコール(高級アルコール)に溶かしたものでした。当時の衛生状態は完璧とは言い難く、このような製品は奇跡の水、万能薬(ハンガリーの王妃の水のようなもの)と考えられていました。

この「奇跡の水」の効能は、1本1本に小さなリーフレットを付けて、その使用方法や効能を詳しく説明していたほどです。

たとえば、年配の人は、ワインの蒸留酒にコロン50〜60滴を混ぜて飲むと、心臓の鼓動が早くなるのを遅らせることができると言われていました。また、この香りを数分間吸い込むと、頭痛が治るとも言われている程です。

宮廷のオーデコロン

ナポレオン・ボナパルトは、このオーデコロンを愛用し、地方に出かける前にブーツの中に1本忍ばせていました。自分用、居室用、馬用と、1カ月に平均43リットルものオーデコロンを消費したと言われています。

その後、彼はあらゆる薬の処方を開示することを義務付ける処方箋を書かされました。処方の秘密を守るため、オーデコロンは外用としてのみ処方され、現在の製品になりました。

ウージェニー皇后はひどい偏頭痛に悩まされており、ピエール=フランソワ=パスカル・ゲランに、とてもフレッシュでありながら、とても落ち着くオーデコロンを作るように依頼しました。

彼は、鎮静作用のあるオレンジの花のエッセンシャルオイル、プチグランを大量に使い、見事に成功させた。皇后は、ピエール=フランソワ=パスカル・ゲランにこのオーデコロンを販売する許可を与えるまで、独占的に使用する権利を持っていたのです。

このオーデコロンは大成功を収め、調香師はナポレオン3世から皇室御用達の称号を授かりました。蜂(69匹の蜂は帝国の象徴)で飾られた見事なオーデコロンのボトルは、今日世界中で販売されています。

オーデコロンの伝統的な構成は、ベルガモット、レモン、オレンジ、ネロリ、プチグレイン、マンダリン、グレープフルーツのトニックに、時にはバーベナなどのスパイスやオレンジブロッサムを加えたもので、その香調が「オーデコロン」と呼ばれます。

オーデコロンには4~6%の濃度が含まれています。現在では、粘着性を高めるために合成香料を加えることもあります。

本物のオーデコロン(オーデコロン アンペリアル、オーデコロン デュ コックなど)は、99%が天然成分で構成されています。

クラシックなオーデコロン

クラシック・オーデコロンは、天然原料のみを使用し、60度のアルコールに2~6%の濃縮度を含んでいます。柑橘系の香りは揮発性が高く、鮮烈なフレッシュ感を与えます。

ハートノートとベースノートは非常に控えめであるため、軽く儚い香りを与えるだけです。オーデコロンは、普段の香りを妨げることなく、その形式から家族全員で使用することができます。

新しいオーデコロン

新しいオーデコロンは、オーデコロンの伝統的な構造とその特徴(シトラス、プチグレイン、オレンジブロッサム)を維持しながら、香りの持続性と拡散性を高める新しい合成分子の恩恵を受けた製品です。

また、スパイス、ウッド、ムスキーノートなど、ベースノートが充実しています。シルヴェーヌ・ドゥラクールのオレンジブロッサム・コレクションのオランゾは、その一例です(濃度は約5%~10%)。

いかがでしたでしょうか。香水やオーデコロンの違いについて紹介いたしました。ぜひ参考にしてください。