万里の長城を観光しよう!知っておきたい豆知識を紹介

万里の長城

せっかく中国旅行に行くのであれば、万里の長城を訪れてみたいと思っていませんでしょうか。

今回の記事では、万里の長城の魅力や見どころをわかりやすく紹介します。

万里の長城を観光しよう!知っておきたい豆知識を紹介

万里の長城

万里の長城の概要・ルーツは?

万里の長城は、古代中国に建てられた広大な防壁であり、これまでに行われた最大の建物、建設プロジェクトです。万里の長城は、中国北部とモンゴル南部に2千年以上にわたって築かれた、互いに平行な多数の壁で構成されています。

最も大規模で保存状態の良いものは明朝(1368-1644)のもので、遼寧省南東部の丹東近くの胡山から甘粛省北西部の九泉西部の嘉峪関まで東西約5500マイル(8850km)にわたって続いています。

この壁が丘や山の稜線をなぞりながら蛇行し、全長の約4分の1は川や山の稜線といった自然の障害物だけで構成されています。

残りのほぼ全て(全長の約70%)は実際に築かれた城壁であり、残りのわずかな部分は溝や堀となっており、現在、城壁の大部分は廃墟と化し、あるいは完全に消滅しているが、地球上で最も優れた建造物の一つであることに変わりありません。

1987年、万里の長城はユネスコ世界遺産に指定された。

城塞システムの大部分は、紀元前7世紀から4世紀にかけてのものです。紀元前3世紀、中国を統一した秦の始皇帝は、既存の城壁をつなげて一つのシステムです。

従来、城壁の東端は河北省東部の渤海沿岸の山海関とされ、分岐などの副次的な部分を除いた長さは約4,160里(約6,700km)と考えられていました。

しかし、1990年代から始まった政府主導の調査によって、遼寧省にも壁の一部が発見され、航空・衛星観測によって、この壁は遼寧省の大部分を連続的に貫いていることが証明された。2009年、明の壁の総延長距離が発表されました。

万里の長城の観光ポイント

繰り返しにはなりますが、万里の長城は1987年に世界文化遺産に登録されている中国の人気観光スポットです。万里の長城の歴史は2300年以上もあります。

軍人や農民、謀反人が労働者とな理、ロープやカートを使って作りました。材料は土や砂、石、レンガなどを使用しています。万里の長城は外敵からの要塞として使われただけでなく、監視塔としても使われました。

万里の上場は膨大な費用と人の努力が積み重なった結晶です。オバマ前大統領やエリザベス女王二世なども訪れており、広大な草原や砂漠など、美しい場所がたくさんあります。

万里の長城の歴史・現在に至るまで

初期の城壁

春秋時代(紀元前770〜476年)と戦国時代(紀元前475〜221年)、現在の中国の東部と中部には多くの小国や諸侯があり、諸侯は国家を守るために国境に沿って独立した城壁を築くことを命じました。

最も古いものは、紀元前650年頃に魯国と斉国の間に築かれたものと思われ、後に朱国城の一部となっています。

秦王朝(紀元前221年~206年)

秦の始皇帝(紀元前247年から221年までの秦国の王)は、他国を征服し統一します。

秦の始皇帝は、特に秦、趙、燕の三国が築いた中国北部の国境にある城壁を結合し、北からのモンゴルの嫌がらせに対する統一防衛線、最初の真の長城を形成するよう命じたのです。

他の国境城は、統一された中国では時代遅れとなり、侵食されたり、解体されたりしてしまいました。

漢王朝(紀元前206年~紀元220年)

北部の城壁は強化・延長され、数百キロメートルにわたって平行に壁が続き、内モンゴルとの国境に沿って連結しています。

東は平壌付近の北朝鮮沿岸から西は玉門関までの漢代の長城は、長城史上最長の8,000kmを超える長さでした。全長には多くの支城、自然障壁が含まれていました。

元朝(1271年~1368年)

元朝は、中国全土が非漢民族であるモンゴルによって支配された最初の王朝です。

1500年もの間、万里の長城が漢民族の中国を守ってきたのだ。万里の長城の建設は、当然のことながら、元朝時代に中国と北のモンゴルが一つになったことで途絶えました。

明王朝(1368年〜1644年)

明の時代、中国は繁栄し、軍事力も膨れ上がりました。北からの侵略を防ぐため、100年計画で万里の長城が計画的に再建されています。

残された万里の長城の大部分は明代に建設され、「明の長城」と呼ばれています。八達嶺や慕田峪など北京に近い長城は明代に建設されたものです。

明代以降の歴史(1644年~現在)

1644年、満州国軍が山海関で万里の長城を破り、中国最後の王朝、清朝(1644-1911)の漢民族支配の終わりを告げました。

その後、中華人民共和国政府により八達嶺が修復され、1957年に観光地として開放されるまで、万里の長城の建設と維持は終わりを告げました。

万里の長城の雑学・豆知識

1.万里の長城の1/3近くが跡形もなく消えてしまった。

2.万里の長城のレンガのつなぎには、もち米の粉が使われた。

3.万里の長城は2,300年以上の歴史があります。

4.万里の長城は中国北部を西から東へ延びている。

万里の長城の高さは?

万里の長城の高さは、無傷で復元されているところでは5~8メートルです。

少なくとも人間の身長の3倍はあるように設計されています。万里の長城の一部は尾根に沿って築かれたため、より高く見えるようになっています。

万里の長城の見張り台万里の長城の見張り台

万里の長城は、ただの壁ではありません。監視のための望楼、司令塔や兵站のための要塞、通信のための烽火台などを備えた総合的な軍事防衛システムでした。

明の時代(1368-1644)には、より優れた建設技術が開発されたため、万里の長城はより強固で高度なものに改築された。壁体の様子。明代の長城は通常、高さ1.8メートルの城壁に抜け穴と勾玉があり、高さ1.2メートルの欄干がありました。

脇櫓(わきやぐら 長城の500メートル以内の区間には、城壁の前面に矢を放つための楼閣がありました。

山海関、居庸関、嘉峪関などの重要な関所には城壁が築かれました。砦には多くの弓矢の窓や門があった。これらの城門は、万里の長城の中で最も強固で難攻不落の建造物でした。

万里の長城 建国30%以上が消失

自然浸食や人為的な被害により、明の長城の3割にあたる約2,000kmが消滅してしまいました。(歴代王朝の万里の長城は、それよりもはるかに多くの部分が消失しています。)

万里の長城を保護するための法律やマナー

長城の斜面を浸食から守るために植樹をする

ゴミを散らかさない、落書きをしない/ゴミや落書きを消す

長城を傷つけない/レンガを持ち帰る(違法行為です)

最後に

いかがでしたでしょうか。

万里の長城について簡単に紹介いたしました。

ぜひ1度訪れてみてください。