中国の文化とは?何千年もの歴史を持つ国はどのように作られたのか

中国

中国の文化を知りたいと思っているけれど、一旦どんな文化があるのだろうと気になっていませんでしょうか。

今回の記事では、旅行前に知っておきたい中国の文化だけでなく、習慣や歴史、マナーなどもわかりやすく紹介しています。

中国の文化とは?宗教や食文化、芸術、言語について

宗教

外交問題評議会によると、中国共産党は公式には無神論者であるが、徐々に宗教に対して寛容になってきています。

現在、公式の宗教は5つしかない。仏教、道教、イスラム教、カトリック、プロテスタント以外の宗教は、中国憲法で信教の自由が認められているにもかかわらず、違法とされています。

宗教に対する寛容さが徐々に進み始めたのは、ここ数十年のことです。国民の約4分の1が道教や儒教などの伝統宗教を信仰しています。

また、仏教徒、イスラム教徒、キリスト教徒も少数ながら存在します。19世紀初頭からプロテスタントやカトリックの宣教師が数多く活動しているが、中国人のこれらの宗教への改宗はほとんど進んでいません。

2017年末、中国の景川県で仏陀と思われる人物の火葬遺体が260体以上の仏像と一緒に発見されました。釈迦は紀元前6世紀半ばから4世紀半ばにかけて生きた霊的な教師で、彼の教えによって仏教が成立します。

言語

マウント・ホリヨーク大学によると、中国語には大きく分けて7つの方言があり、それぞれが独自のバリエーションを持っています。

北京語は人口の71.5%が話し、呉語(8.5%)、越語(広東語ともいう、5%)、湘語(4.8%)、閔語(4.1%)、客家語(3.7%)、甘語(2.4%)がそれに続きます。

ワシントン大学の元言語学教授で、”Chinese (Cambridge Language Surveys)” (Cambridge University Press, 1988) の著者であるジェリー・ノーマン氏は、中国の方言は非常に異なっていると述べています。

「中国語は多くの地域的な形態からなる単一の言語というよりも、むしろ言語ファミリーに近い」と彼は書いています。「中国語の方言複合体は、多くの点でヨーロッパのロマンス語族に類似しています。

極端な例を挙げると、”北京(Beijing)と潮州の方言の間には、おそらくイタリア語とフランス語の間のような違いがある。” と書いている。

中国の公式国語は、中華人民共和国国家主席令により、首都北京で話されている北京語の一種であるPŭtōnghuà(ペキン)です。多くの中国人は英語も流暢に話します。

中国の食文化

料理は中国人の生活の他の側面と同様に、地理的条件や民族の多様性から大きな影響を受けています。主な料理には、炒め物を中心とした広東料理や、ピーナッツ、ゴマ、ショウガを多用し、辛さで知られる四川料理があります。

米は中国の主要な食糧であるだけでなく、彼らの社会を発展させた主要な要素です。

2011年、Dorian Q. Fullerが雑誌『Rice』に発表した論文「Pathways to Asian Civilizations: Tracing the Origins and Spread of Rice and Rice Cultures」によると、米は中国の主要な食糧であるだけでなく、彼らの社会を発展させた主要な要素でもあるといいます。

中国語で米は「ファン」といい、「食事」という意味もあり、もやし、キャベツ、ネギなどと同様に彼らの主食です。肉類はあまり摂らないので(たまに豚肉や鶏肉)、豆腐は中国人の主なタンパク源であります。

中国の芸術文化

中国の芸術は、この国の豊かな精神的、神秘的な歴史から大きな影響を受けています。メトロポリタン美術館によると、多くの彫刻や絵画は仏教の霊的な人物を描いています。

また、笛のような「塤(しゅん)」や琴の仲間である「古琴」など、中国文化に欠かせない楽器も多くあります。

東洋式の武術も中国で発展し、カンフーは中国が発祥の地です。Black Belt Magazineによると、この格闘術は動物の動きをベースにしており、1600年代半ばに誕生したといういいます。

古代中国、特に明朝と清朝時代には熱心な作家や哲学者が多く、そのことはこの国の豊かな典礼の歴史に反映されています。

最近、中国の1400年前の墓から考古学者が詳細な絵画を発見しました。

“この墓の壁画は多様なモチーフと豊かな意味合いを持ち、その多くは同時代の他の墓では見ることができない “と、考古学者のチームは最近、学術誌『Chinese Archaeology』の2017年号に掲載された論文に書いています。

中国の科学技術

中国は科学の進歩に多額の資金を投入しており、現在、科学研究において米国に挑戦しています。雑誌「JCIインサイト」によると、中国は2015年に米国が費やした金額の75%を費やしました。

中国の科学で最近2017年に開発されたものに、テレポーテーションがあります。

中国の研究者は、チベットから軌道上の衛星に、地表から最大870マイル(約1400キロメートル)の距離で情報パケットを送り、これは量子テレポーテーション距離の新記録となりました。

2017年のもう一つの進展は、新型新幹線の開発です。若返り」を意味する「復興」と名付けられたこれらの列車は、北京と上海の間を走る高速輸送システムです。最高時速350kmで走行することができ、世界最速の列車となります。

中国の習慣とお祝い事

春節とも呼ばれる最大の祭りは、旧暦の正月の始まりを告げるものです。

1月中旬から2月中旬の間に行われ、先祖を敬う時期です。ビクトリア大学によると、15日間の祭典の間、中国人は毎日、体を清めるためにお粥やからし菜を食べるなど、新年を迎えるために何かをするそうです。

また、花火が打ち上げられ、龍に扮した踊り子によるパレードが行われるなど、祝祭日を盛り上げます。

孔子の誕生日である9月28日には、多くの人が山東省の孔子の生家へ巡礼に行きます。観音様の誕生日には、道教の寺院を訪れて祝います。3月下旬から4月下旬にかけて行われます。

5月か6月には、海の女神である媽祖(天后とも呼ばれる)の誕生日も同様に祝います。9月または10月には月祭りが行われ、花火や提灯、月見などが行われます。

グアンシーの概念がある文化

対人関係においてもう一つ重要な概念が「グアンシー(guanxi)」である。この「グアンシー」という言葉は、両者に利益をもたらすコネクションや好意の交換にもなりうる関係を表す一般的な言葉です。

友人、家族、そして時には仕事仲間も、お互いに助け合うのが「guanxi」の原理です。この原則に反すると、面子や名誉を失うことになります。ビジネス上の交流や関係において、グアンシは大きな役割を果たします。

Guanxiはしばしば「人脈」を意味し、これは中国のことわざ「内外の別」にも反映されています。良いグアンシは、そうでなければアクセスできないような機会を作り出すのに必要なこともあります。

グアンシには相互の信頼が不可欠である。そして、多くの中国人は特にビジネスにおいて人間関係の構築を優先します。

丁寧さと礼儀正しさ

中国における礼儀と礼節(「リマオ」)についての認識はオーストラリアとは異なります。

中国の伝統的な礼儀作法は、儒教のイデオロギーに反映された生涯続く上下関係に基づいています。このような関係はすでに明確であり、中国人は礼儀の必要性を感じません。

中国の文化まとめ

中国の歴史と最近の根本的な変化を考えると、人々が外の世界に対して受容的、あるいは「開放的」であったのは、この40年間だけであることを理解する必要です。

この急激な変化以来、都市は商業化し、企業化した。中国の人々は今、旅行や海外の教育を受け、他の言語を学ぶ自由を享受しています。

中国人の行動は依然として厳しく規制され、文化も封建的な過去を引きずっているが、中国はより国際的に知られるようになりました。現代の中国文化は、伝統と近年の急速な近代化というユニークな組み合わせから大きな影響を受けています。

今日、社会的な考え方の明確な分断は、若者と年配者、都市部と農村部の住人の間の考え方の違いに現れています。高齢者や農村部の中国人は、伝統的な文化を大切にし、それを維持・発展させようとする傾向があります。

一方、中国の若者や都市に住む人たちは、進歩的な理想を受け入れ、熱狂的になる傾向があります。また、文化の保存と近代化の重要性に関しても、国民全体で異なる意見があります。

それでも、中国には中国人であることの意味を理解する基本があります。中国の文化的アイデンティティは、何世紀にもわたって共有されてきた歴史や習慣(儒教、「親孝行」、「関白」、個人の生活への政府の関与など)を通じて培われてきたものであります。

そのため、現在の中国人の考え方は、現代的な願望と伝統的な起源が組み合わさったものです。新興の中国文化は、その革新性、保存性、最近の文化的・経済的進化によって定義されています。