歴史ある風習から奇習まで「日本の風習あれこれ」

TVで放送される、アマゾン奥地の原住民の風習を見て、私たち日本人はびっくりします。

それほどではないかもしれませんが、同じように、私たち日本人なら普通にしていることが、外国人にとったら、驚くべき風習かもしれません。

そんな日本の風習のあれこれをまとめてみました。

1.風習って何?

そもそも風習って何でしょう?土地ごとに存在する社会生活上の習わしやしきたり、つまり、風俗習慣のことを言います。まさに、歴史学や民俗学の研究対象にあたるものです。

日本人は、古代より、自然を愛し、神を崇め、生活のあらゆる場で、その恵みに感謝する風習がありました。山や巨岩、大木などを大切にしてきました。

一方、邪なるものに対する恐れもありました。一方、子孫繁栄を願う気持ちから、セックスに対するおおらかであけっぴろげな風習もあります。

日本列島は、島国で大陸から離れ、また南北に長い国土なので、地方や地域によって、風習が同じ国とは思えないぐらいの開きがあることもあります。特に、葬式などの風習の違いは大きいです。

2.日本人にとったら当たり前!外国人が見たら奇妙な日本人の風習

このテーマを語る時、よく話題になるのが、食事の風習です。

今でこそ、刺身も寿司も、外国人にも大人気ですが、一昔前までは、「生魚をたべるなんて!」と顔をしかめられたものでした。

未だに、日本人が鯨を食べることに対して、世界中の人が理解せず、批判しています。それぞれの文化であり、風習なのに・・・。それぞれの国の風習は、特に伝統的な風習は尊重されるべきです。

食事の風習でよく問題になるのが、「音を立てて麺をすする」「食器を持ち上げて、口に触れる」などは、外国でするとひんしゅくものです。

日本人の宗教的風習にも驚かれます。生まれてすぐのお宮参りや初詣は神社、亡くなったら仏式のお葬式、結婚式やクリスマスはキリスト教会というのも、一神教を信じる人たちには理解しがたい日本人の風習ですね。

3.古くから伝わる、歴史ある日本の風習

年6回行われる大相撲ですが、神代の時代から相撲は、神事として行われてきました。

江戸時代には庶民の娯楽として大人気となり、それが今に続いていますが、もともとは、日本固有の神道に基づいた神事です。

ですので、こんな時代になっても、相撲の土俵には、女性が上がることはできません。これも、日本に古くから伝わる風習と言えるでしょう。

よくドラマの中で土下座(どげざ)をするシーンがあったり、最近では、モンスタークレーマーが店員に土下座をさせて、その動画をアップして問題になったりしていますが、この土下座も日本独特の風習です。

外国では、神様に向かってこの姿勢をとるところがありますが、人に対して行うので、不快に思う人もいるようです。

また、よく似た姿勢の床に正座というのも、日本独特の風習のようです。欧米の人の中には、正座ができない人もいます。

昔のスポ根ドラマなんかで、先輩や先生が、バツとして何時間も正座させていましたね。今なら、完全に体罰です!

私たち日本人は、普通にしていることでも、外国の人から見ると奇異に見えるのかもしれませんね。

4.日本人でさえビックリ!こんな風習、聞いたことない!

現代と昔とでは、子孫繁栄や、性についての意識に大きな違いがあるので、現代人からするとビックリするような性にまつわる風習、奇習が各地に残っています。その一つをご紹介しましょう。

結婚が決まったカップルの、結婚式直前に、女性だけが、村の実力者のところに呼ばれ、性の手ほどきを受けさせるということが日本の各地で行われていたと言いますから、びっくりです。

これは、大昔の話ではなく、実は1950年ごろまで続いていたと言いますから、さらに驚きです。しかし、こういった「初夜権」の行使は、日本に限らず、世界各地で行われていたようです。

風習というより、まさに奇習ですね。

まとめ

日本の風習のほんの一部のご紹介でしたが、いかがでしたか?

古くから伝わる風習には、日本独特のように見えて、実は世界各地でも同じようなことが行われているということも多いようです。

人間考えることはよく似ているということでしょうか?